2013年02月16日

ホテルから街の洗濯屋へクリーニングに出す in ペナン

10泊から1ヶ月程度の外国滞在では、ホテルに宿泊することになる。そうなると服を洗濯しなければならない。
ホテルのランドリーサービスに出してもいいのだが、旅行費用節約も兼ねて街の洗濯屋に、ためしにクリーニングへ出してみた。

たまたま泊まったホテルの目の前に洗濯屋が2軒あった。
ペナンのタンジュンブンガにはリゾートホテルが何軒かあるので、そこの宿泊客もここへクリーニングを出す人は少なくないのだろう。
wash13021601.JPG

クリーニング店と言うより「洗濯屋さん」と言った方がぴったりくる。水洗いして店の前にある洗濯物干し竿で天日乾燥させる方式だから「洗濯」という言葉がしっくりだ。
実際に「クリーニングして欲しい」と頼んだら「ウォッシングか?」と聞きなおされた。

店に洗濯物のシャツを何枚かレジ袋に入れて持ち込んだ。
店の入り口には秤が置いてあり、そこに載せて重さを計る。1.2キロあった。
料金は6リンギ(180円)
アイロンなしの場合はキロ当たり5リンギというのがこの辺りの洗濯相場らしい。
タンジュンブンガの隣にあるもっとリゾート地のバトゥフェリンギにもキロ5リンギという洗濯屋のカンバンがあった。
wash13021603.JPG

およそ24時間後に仕上がる。
翌日頼んだ洗濯物を取りに行くと、下の写真のように丁寧に畳んで袋詰めされた洗濯物が用意されていた。
もしかしたら香料のキツイ洗剤使うのか?と思ったら匂いはほとんど無し。
wash13021602.JPG

ホテル滞在での普段着の洗濯では、これからも街の洗濯屋さんに頼もうと思う。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島調査旅行 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

日本の“牛丼”ポジションはペナンのチャーハンが適合か!

“安くておいしい”というと少しオーバーかもしれないが、日本のファストフードの牛丼は値段の割においしいと思う。
私はサラリーマン時代の昼飯や、遅くまで残業したときの晩飯にこれを多用していた。
安くてそれなりにおいしいだけでなく、どこのチェーン店の牛丼も味に大差ないから、失敗した、と思うことがない。それに注文してから出てくるのも早い。だから今でも特に他を食べたい理由が無ければ昼飯は牛丼になることが多い。

そういう眼差しでマレーシアを旅行してみると、牛丼屋は有るにはある。試してみようかと思う前に、チャーハンの方がもっとイケる!ことを発見した。マレーシアのチャーハンはナシゴレンとも言うらしいけど、どうもナシゴレンとチャーハンとは少し違うようだ。私の旅の目的、マレーシアに10日から1ヶ月程度のショートあるいはミドルステイするのに、フライドライスはきっと定番の外食メニューに格付けされるだろう。

ナシゴレンは焼き飯に加えていろいろな具が皿の上に盛られている料理を指しているようで、焼き飯だけが皿にドバッと盛られているのは「フライドライス」と書いてある。
このフライドライスこそが、日本の牛丼ポジションにあるマレーシアの料理ではないかと思う。マレーシア人がそう思っていなくても私にはそう思える、ということなのだが。。

フライドライスの特徴は・・・
1. 安い
一皿3から4リンギ、つまり100円前後で食べられるから日本との物価の違いから推測すると牛丼と同じような位置にある。

2. 店によってあまり味に差がない
私はあまりグルメではないからそう思ってしまうのかもしれないが、いくつかの店かで食べてみたが、よく似た味付けと食感だった。

3. うまい!量も満足
強力な火力で焼くインディカ米のパラパラチャーハンなので、少々食欲が落ちていても、胃袋が吸い込むように食べられた。一皿の盛り付けは多めだから小食の人は食べきれないかもしれない。まさに一気に胃袋に掻き込んで喉越しを味わうように食べられる。

4. 注文から出てくるまでが早い
これも日本の牛丼と同じ。フライドライスを注文する人が多いのだろう。注文するともう中華ナベに強力ガスバーナーをボーボーいわせてご飯やら具材を料理し始めている。

実際のフライドライスの写真がこれ。
fr13021501.JPG

見栄えはパッとしないかもしれないが、日本ではこのインディカ米のパラパラチャーハンはなかなかお目にかかれない。ただしスープは付いていない。

宿泊したホテル近くにある「ルーフトップカフェ」でも晩飯に2回食べた。これの他に二品ぐらい注文すると夫婦二人の晩ごはんに十分で、合計10リンギ(約300円)程度で足りてしまう。
fr13021502.JPG

fr13021503.JPG

fr13021504.JPG

どこで食べてもあまり味に差のないフライドライスだったが、ペナンのリゾートホテルが集まるバトゥフェリンギにある下の写真の食堂のが一番ウマかった!
fr13021505.JPG

fr13021506.JPG

壁にはトリップアドバイザーのカンバンも掲げられている。
fr13021511.JPG

行きかたは、バトゥフェリンギ(BATU FERINGGI)の「JALAN SUNGAI EMAS」という道を入り口から100メートルぐらい入ったところ。
fr13021509.JPG

fr13021510.JPG

この中華料理店で、壁のメニューに「京都骨」という妙な名前の料理を見つけた。
いったいどんな料理だろうと注文を試みたが「今日は無いよ」とあっけなく却下となってしまった。京都骨って何だろう?
fr13021507.JPG

fr13021508.JPG


大きな地図で見る

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島滞在 | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

南国流“のんびり”するのはけっこう難しい

海辺のプールサイド、遠くに見える客船を眺めながらチェアベッドに寝転び・・・、とリラックスするのは南国リゾートホテルならでは、だと思うけど、うまくいかなかった。

宿泊したホテルはマレーシア ペナン島はタンジュンブンガのリゾートタイプのホテル。
slow13020902.JPG

slow13020903.JPG
豪華ホテルの半額以下のリーズナブルな宿泊料金だった。海を眼下に眺められるテラスにプールがあり、そこでは主に欧米の方々が上述の南国風の“のんびり”をやっていた。
インドと中国の方々は、どちらかというと子供をプールで遊ばせ、親はチェアベッドでそれを眺めている感じ。
欧米の方々はいかにもリラックス三昧している様子。リゾート地でのリラックスは一枚上手な、まさにそれが板に着いているように見える。

そういう私ども日本人夫婦も、体の線に自信は無いけど無理して水着に着替えてチェアベッドを占領してみた・・・。
結果、なんとも落ち着かない気分。。

泳いで疲れたらのんびり気分が出るかと思ってしばらくプールで泳いでみたら、少しはのんびり気分が出てきた。
欧米の方々を観察すると、彼らも最初はプールで真剣な顔して黙々と水泳をして、そらからチェアベッドにもたれて、それから長~いこと寝そべっている。
ビールやジュースをウェイターに持って来させ、本を読み、iPadをいじくり、オイルを塗ってまた寝そべる。ずーっとそうしている。

そういうの“のんびり”が私にはできなかった。
なぜできないのか?きっとそういうことを今までやったことが無いからでしょう。
似たようなことでは、日本の温泉でゆっくり湯船に浸かって、湯疲れ出た頃に外湯の脇にあるベンチで長い時間くつろぐことはできるし、こういうのんびり方法は完全にマスターできている。しかしプールサイドの“のんびり”が超初心者だったということなもんで、それでのんびりできなかった。

「プールサイドでのんびりできなくても、他にあるだろう」と、街に出て居心地のいい喫茶店を探してみたが、確かに居心地のいいところはあったけど、その椅子から思い描いていたような街行く人々をのんびり眺める、という具合にはいかなかった。

どうも“居心地のいい場所と、南国流ののんびり”は発見したり練習する必要が私にはありそうだ。
そうでないと、もしペナンにしばらく滞在してみよう!と決意しても、思うように充実して過ごせないかもしれない。
slow13020901.JPG

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ペナン島滞在 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。