2012年05月31日

ペナンにある日本語OK私立病院を見学しました

マレーシア ペナンにある日本語通訳が常駐する病院の見学をしました。

この見学は、H.I.S.のオプショナルツアーにあるロングステイ下見ツアー(正確な名称は、「ペナン島生活アドバイスツアー」)のコースに入っていたもの。
この病院見学の前に、以下のような話しを聞かされていました。
1.見学する病院はマレーシアの私立病院としてはごくありふれた病院で、特別に豪華な病院ではないこと。
2.マレーシアの病院は州立病院と私立病院があり、私立病院は利益を追求する会社となっている。

向った病院はペナンのジョージタウンにある「ローガンライ スペシャリスト センター」というところ。
同病院のサイトはこれ。
↓↓
http://www.lohguanlye.com/

もらったパンフレットはこのようなもの。
lohguanlye12053101.JPG

Webサイトは英語しか無いようだけど、この病院には日本語を話せる通訳が少なくても2名居るので、日本語での診察が可能という。

病院は写真撮影禁止と書いてあったので、写真が無いですが、新館の建物は最近建築されたのか、とてもキレイでどこもかしこもピカピカ。
ロビーで待つ患者の姿は日本の病院と比べると3分の1ほどにしか見えない。
広い受付カウンター、清算カウンター、その横に薬局のカウンターがあり、総合案内カウンターも別にある。
奥に旧館も見えたが、由緒ある白亜のホテルのようで、日本のどこかの病院の旧館の建物のように暗い雰囲気は全然ない。

応対してくれた日本語通訳の人はマレーシア人の小柄な女性。
日本語の流暢さはさほど高くないように思えた。
おそらく短期間日本に居たか、マレーシア国内で日本語のトレーニングを受けたという感じかもしれない。病院内を案内する説明は流暢な日本語だったが、こちらから質問すると、完璧な日本語になりきれず、多少の英単語でカバーすることもあった。

そもそもマレーシアで話される英語は、どうも私には聞き取り難く、簡単な単語の発音でも分からなかったり、分かってくれなかったりすることがあったから、正確に医者に伝えたい病状は、彼女のような通訳が居ると居ないとでは大違いだろうと思う。
しかし「頭が重く痛い」「頭が割れるように痛い」「頭がズキズキする」などの感じの違いを彼女は正確に医師に伝えられるか?今回それは分からなかった。

病室はシンプルな内装だったが、ピカピカだった。
ベッドの他に一人に一台32型の壁かけテレビが常備され、介護する家族用の補助ベッドも寝心地は良さそうだった。
一人部屋の病室には部屋内にシャワーブースとトイレもある。
装備自体は日本の最新病院の病室と同等だが、病室の広さは格段にここ ローガンライ病院の方が広い。
おそらく日本では4名から6名入れられる病室に2人という感じだ。
なぜこんなに病院の建物や装備が良いか?
その理由は「医療費が高いから」なのだろうと思う。
しかし高いと言っても、日本の病院より安い。ここがマレーシアステイの一つの利点となっているらしい。

ここからは私の推測も入るけど、おそらくこんな実態なのでははかろうか?
ペナンだけでなくクアラルンプールの病院説明を聞いても同様だったが、マレーシアの病院にかかる費用は日本のそれと比べると安い。
でも一般の物価が日本の4分の1程度であるのに対して、マレーシアの病院は日本より“少し”安い。少しだけだ。
だからマレーシアの物価水準から見ると、私立病院の費用はかなり高いことになる。
そのために質の良い医療が提供できているのではなかろうか。

幸い今の日本は超円高だから、日本人から見るとそれでも安く見えてしまう。
こういうのが日本の今の“円高恩恵”であり、未来もずっと「マレーシアの医療は日本より安い」伝説は通用しなくなる日がそのうち来るのではないかと思う。
だからマレーシアの医療を利用するのは今のうちだ!

ちなみにマレーシアでは病気やケガで日本の119番に相当する999番に電話すると、公設救急車が来るけど州立病院に運ばれるらしい。この州立病院は行ったこと無いけど、混んでいると言うし、日本語スタッフは居ないらしい。
ローガンライ病院の通訳の人に「ではここの病院に運んでもらうのはどうしたらいいの?」と聞いてみたら「私の携帯に電話してください」ということだった。
もらった資料には彼女の携帯電話の番号がちゃんと書いてある。

電話すると私設救急車が向えに来るらしい。

はたしてショートステイやミドルステイでこの病院のお世話になることがあるかどうか分からないけど、病気やケガなんか忘れた時にやって来るから、今回の H.I.S.のロングステイ下見ツアーでここを紹介されておいて良かったと思う。

ローガンライ病院の場所

大きな地図で見る
posted by Oniwa Natsuo at 15:00
"ペナンにある日本語OK私立病院を見学しました"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。