2013年03月06日

2013 今年のペナン滞在のまとめ

今年のマレーシア ペナンへの旅行は1回だけ。年末にクアラルンプールに滞在予定はあるけれど、おそらく来年またペナンには滞在することになると思うので、忘れないように今年のペナン10日滞在をまとめておくことにします。

1.ペナンでは人通りのある道を歩く
犯罪に遭ったわけではなく、犬に遭ったから。幸いその犬はどうやら飼い犬のようで、だけど放し飼い?なんだろうか、私達が道を歩くのを見つけたら喜び勇んで?3匹も駆け寄って来てワンワンやられるわ、膝裏をフーフー鼻こすりつけて匂い嗅がれるわで、生きた心地しなかったのだ。クアラルンプールに犬は居ないのに、ペナンには自由に歩く犬がけっこう多くいる。人通りが多いところにいる犬は何もしなけど、たとえ閑静な住宅街でも人がいないところにいる犬は、人が通ると寄ってくる。

2.ホテルはインターネットが部屋で使えるところにする
泊まったコープソン オーキッドホテルは部屋でインターネットが使えない。今年には工事して部屋でも使えるようになるらしいけど、それに間に合わなかった。部屋でネットできないのはなんとも困る。ブログはアップできないしメールも見られない。明日行きたい場所を検索することも無理。プールサイドに行けばwifi使えたのだが。昼間はそれでもいいけど夜が困るんだわ。

3.できればキッチンのあるホテルがいい
マストアイテムではないが、部屋にキッチンがあるホテル、これはサービスアパートメントになるのだが、これが便利でいい。もしキッチンが無くても洗面所でも大丈夫で、湯沸しポットくらいはどのホテルも置いてあるようだが、キッチンがあると電子レンジもあるだろう。これがあるとコンビニやスーパーで買ったものを温められるからいい。外食が続くと現地料理に慣れていない胃が降参信号出すときがあるから、そういうときに電子レンジは頼もしい。

4.お酒は日本から買って持っていく
マレーシアで一番安くアルコール飲料を飲もうしたら、多分タイガービールになるのではなかろうか。これでも350ミリリットル缶でひとつ200円ぐらいする。日本のビールと同じぐらい。お隣のタイでは50円以下でビールが買えるからやっぱりイスラムの国マレーシアではお酒は高い。だから飲まなきゃいられない人は、日本から度数の強いウィスキーなんかのお酒を制限いっぱいに持って行くべきだろう。ちなみに酒類のマレーシアへの持込免税範囲は1リットルまでのようだ。

5.正午から午後4時くらいまではおとなしくしている
「おとなしく」の意味は、外出しないでホテルにいるか出かけてもショッピングモールの建物の中など室内にいた方がいい。外を歩くと熱中症になりそう。30分も歩いていると汗が止まらずに噴出すようになり頭痛がしてくる。危ない!
外を歩くなら午前中か夕方になってからが熱中症からは逃れられそうだ。

6.虫除けスプレーは必需品
ペナンはけっこう刺す虫が飛び回っている。蚊はデカくて日本のヤツよりのんびりしているのか、わりと簡単にパチンとやったら殺せるけど、マラリア予防注射していないとなんだか怖い。ブヨみたいなのも飛んでいてプールサイドでネットしていたら脚を刺された。こいつはなかなか痒みが引かず、帰国後1ヶ月経ってもまだ刺し後が分かるぐらい強力な毒だかアレルゲンを持っているみたいだ。虫除けスプレーのほかに、虫刺されの薬も要るだろう。

7.長袖シャツが必要だ
南国マレーシアだからこそ、ホテルやデパート、バスの中などでは冷房ギンギンに効いている。寒い!って感じするときも多々あるのだ。だから半袖シャツでそんなところに長いことい続けると鼻水出るし、風邪引きそうなムードが漂ってくる。
Tシャツを着て、脱いだり着たりができる薄手のシャツをバッグに持っていくのが良さそう。

8.胃薬は必需
お腹を壊すことは想定済みで、整腸剤はタップリ持って行ったが胃薬は2つしか持って行かなかった。マレーシアの料理の特長は、辛い、脂っこい、安い、おいしい、ときている。
つまり胃の調子がいいときは辛くて脂っこいものを安くておいしいから、ついお腹いっぱい食べてしまう。それでヤワな日本食に慣れている胃には一気に負担がドンとかかる。
こういうときにはうどんやお茶漬けが恋しくなるのだが、胃薬で胃の調子が復活したら、またマレーシア料理に参戦できる。

9.リンギットの小銭は持ち帰る
前にも投稿したが、次にマレーシアに来たときの初日に乗るバス代やホテルマンへのチップなんかに使う。リンギットは空港で両替したら最低紙幣は10リンギットだから約300円紙幣となるが、バスはお釣りが出ないし、チップで10リンギットはちょいと奮発し過ぎ感がある。5リンギットはチップ用に、1リンギットとコインはバス代に保管しておきたい。

10.バスに乗り、個人商店で買い物する
これは何のためかというと、現地の人と日常会話するため。今回の滞在を思いなおすと、一番会話したのはラピッドペナンの路線バスの運転手達。路線バス旅をしたから行き先とか発車時刻を尋ねなきゃならなかったからだ。けっこうこれがマレーシアチックな英語で会話する訓練になったような気がする。
ショートステイぐらいでは現地の人を話しする機会はあまり無い。だから路線バスの運転手とのっぴきならない会話するのは、会話するいいやる気出しになる。
買い物するのもスーパーやコンビニだと日本と同じく話さなくても買い物できてしまうから、個人商店で聞きまくって買い物する店の方が充実感がある。
ただ日本と比べてペナンのお店の人は無愛想に見える。それに慣れないと『なんだぁ・・売る気あるのぉ?』みたいに感じるから要注意。多分これは日本の小売店が親切&おもてなし精神ありすぎて、それに慣れ切っているからそう思ってしまうのだろう。
タグ:ペナン

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 14:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ペナン島滞在 | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

犬に吠えられ、まとわりつかれて困った話

クアラルンプールでは「マレーシアはイスラムの国だから、そのために犬がいないんだ」と現地ツーリストガイドの人から教えてもらった。実際にクアラルンプールで犬を見かけることは無かったのだが、同じマレーシアのペナン島ではかなり犬をたくさん見かけた。
あんなに犬が道を歩いていて、イスラム教の人は平気なのか?と見ていても、誰も犬を気にしている様子に見えない。
アラブから来たのだろう、顔を黒い布でフルカバーした女性の方々も犬を見ても何も動じていない。聞いていた話しとどうもペナンでは様子が違っている。

とにかくペナンには犬が多く暮らしている。
一応犬を飼うには許可が必要なようで、これは日本と似た制度になっているけど、首輪も無く道をさまよっている野良犬なんだか飼い犬なのか分からないワンちゃんとけっこう街中で出会う。
彼らは無口で吠えることはあまりしないようだけど、目が合うと口を半開きにして牙を見せつけるワンちゃん?もいた。
概して安全そうに見えるペナンの犬なので安心していたら・・・

「今日はガーニープラザへウィンドウショッピングに行くか!」ということになり、ラピッドペナン101系統の路線バスに乗った。
101系統のバスはガーニープラザ(ガーニードライブにある、ちょっとおしゃれなショッピングモール)からやや離れたバス停にしか止まらないので、そこから歩くことにした。
バス停の前が粋な住宅街になっていたから、その中の道を通って近道しようと歩いていたら、道の向こうにワンちゃんが見える。
『またいつものペナン犬だな』とあまり気にしないで妻と二人で歩いて通り過ぎようとした。
しかしそのワンちゃん、実は近くにもう二匹いて、しかも合計三匹は鎖でつないでいなかったのだ。

大きさは中型犬のちょい大きめぐらい。ラブラドールレトリバーぐらいの大きさで、顔の鼻の周辺だけ黒っぽい、強そうな感じの犬だった。
その中の一匹が私達を見つけて走りよって来るではないですか!
それにつられてか、残る二匹も、遅れてなるものか!みたいに全力疾走でこっちに向かって走ってくる。

「ヤバイ!」と思った。
こんなとき逃げたらもっとヤバイから、ひたすら知らん振りするしかない。
ワンちゃん?達3匹組はワンワン吠え立てながら私達震える夫婦の横になり前になりまとわりついている。
濡れた鼻を私の膝の後ろにピッタリ密着して「フーフー」音立ててニオイまで嗅がれた。
怖かった!!

このまま多分20メートルくらいワンちゃん達とご一緒して歩いただろうか、すっごく時間が長く感じたが、幸いワンちゃん達はつまらなくなったらしく、後から来たスクールバスに向かって走って行ってしまった。
実にハラハラしたスリルとサスペンスの20メートル。
感じの良い住宅街の中で、まさかこんな体験をするなんて思わなかった。

でも、妻の観察によると、あの犬達は飼い犬ではなかろうか、という分析だった。
走りよって来るときにシッポを上にして、くるっつと巻いていたから威嚇しているのでなく「何か食い物くれ!」と近寄って来たみたいだと言う。
そういえばワンワン吠えられたときの声は、ウチのもう死んでしまった犬が生前にご飯をねだるときに出す甲高い声と同じような鳴き声だった。
あれがもし低い声で「ウーッ」が混じっている声で、シッポを下に垂らして近寄って来たならば・・・これは本当にヤバかったかもしれない。

それ以来、ペナンで犬を見かけるとビビってしまったが、結局あの体験は一回きりで、その後に会った犬達は日本から来た私達夫婦に全然興味を示すことなく地面でゴロゴロ寝ているおとなしいヤツばかりだった。

ペナンから帰りに立ち寄ったタイのバンコクでも道を犬が自由に歩いていたが、かつての日本もあんな自由な犬が歩いていたように思う。
でも最近ではそういう自由な犬は日本ではほぼ見ることができない。
それはとっても安心できることだ。

あの時出会った“困った3匹のワンちゃん達”は、誰とも今までにトラブルを起こしたことが無いのだろうか?
タグ:ペナン 犬

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島滞在 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

日本の“牛丼”ポジションはペナンのチャーハンが適合か!

“安くておいしい”というと少しオーバーかもしれないが、日本のファストフードの牛丼は値段の割においしいと思う。
私はサラリーマン時代の昼飯や、遅くまで残業したときの晩飯にこれを多用していた。
安くてそれなりにおいしいだけでなく、どこのチェーン店の牛丼も味に大差ないから、失敗した、と思うことがない。それに注文してから出てくるのも早い。だから今でも特に他を食べたい理由が無ければ昼飯は牛丼になることが多い。

そういう眼差しでマレーシアを旅行してみると、牛丼屋は有るにはある。試してみようかと思う前に、チャーハンの方がもっとイケる!ことを発見した。マレーシアのチャーハンはナシゴレンとも言うらしいけど、どうもナシゴレンとチャーハンとは少し違うようだ。私の旅の目的、マレーシアに10日から1ヶ月程度のショートあるいはミドルステイするのに、フライドライスはきっと定番の外食メニューに格付けされるだろう。

ナシゴレンは焼き飯に加えていろいろな具が皿の上に盛られている料理を指しているようで、焼き飯だけが皿にドバッと盛られているのは「フライドライス」と書いてある。
このフライドライスこそが、日本の牛丼ポジションにあるマレーシアの料理ではないかと思う。マレーシア人がそう思っていなくても私にはそう思える、ということなのだが。。

フライドライスの特徴は・・・
1. 安い
一皿3から4リンギ、つまり100円前後で食べられるから日本との物価の違いから推測すると牛丼と同じような位置にある。

2. 店によってあまり味に差がない
私はあまりグルメではないからそう思ってしまうのかもしれないが、いくつかの店かで食べてみたが、よく似た味付けと食感だった。

3. うまい!量も満足
強力な火力で焼くインディカ米のパラパラチャーハンなので、少々食欲が落ちていても、胃袋が吸い込むように食べられた。一皿の盛り付けは多めだから小食の人は食べきれないかもしれない。まさに一気に胃袋に掻き込んで喉越しを味わうように食べられる。

4. 注文から出てくるまでが早い
これも日本の牛丼と同じ。フライドライスを注文する人が多いのだろう。注文するともう中華ナベに強力ガスバーナーをボーボーいわせてご飯やら具材を料理し始めている。

実際のフライドライスの写真がこれ。
fr13021501.JPG

見栄えはパッとしないかもしれないが、日本ではこのインディカ米のパラパラチャーハンはなかなかお目にかかれない。ただしスープは付いていない。

宿泊したホテル近くにある「ルーフトップカフェ」でも晩飯に2回食べた。これの他に二品ぐらい注文すると夫婦二人の晩ごはんに十分で、合計10リンギ(約300円)程度で足りてしまう。
fr13021502.JPG

fr13021503.JPG

fr13021504.JPG

どこで食べてもあまり味に差のないフライドライスだったが、ペナンのリゾートホテルが集まるバトゥフェリンギにある下の写真の食堂のが一番ウマかった!
fr13021505.JPG

fr13021506.JPG

壁にはトリップアドバイザーのカンバンも掲げられている。
fr13021511.JPG

行きかたは、バトゥフェリンギ(BATU FERINGGI)の「JALAN SUNGAI EMAS」という道を入り口から100メートルぐらい入ったところ。
fr13021509.JPG

fr13021510.JPG

この中華料理店で、壁のメニューに「京都骨」という妙な名前の料理を見つけた。
いったいどんな料理だろうと注文を試みたが「今日は無いよ」とあっけなく却下となってしまった。京都骨って何だろう?
fr13021507.JPG

fr13021508.JPG


大きな地図で見る

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島滞在 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。