2012年06月06日

ペナンで食する インド料理 チキンカレー 美味♪

マレーシアはイスラム教徒がメジャーであり、マレーシア人の現地ガイドが言う「どの民族も他とうまく共存したいと思っている」融和精神だからなのか、料理に使われる肉類はチキンが大半のように思える。
屋台を見て回っても、フライドチキンに焼き鳥に、鶏肉入りのブタ?饅に・・・
それにカレーもチキンカレー。
チキンカレーは宿泊した「レインボー パラダイス ビーチ ホテル」の朝食バイキングにもあって、なかなかの味を出していた。

私は最初、チキンの他にビーフやマトンなども食べてみたい、と探していたが無いので、今回の旅行はチキン料理に特に念を入れて食べ比べすることした。

現地ガイドの人は中国系だがインドびいきのようで「インド料理は食べたか?」とよく聞いてくる。
「レインボー パラダイス ビーチ ホテルの向かいにもインドレストラン有るよ」と教えられて、妻と行ってみたのが「SRI ANANDA BAHWAN」と書かれたインド料理レストラン。
ind12060601.JPG

ind12060602.JPG

隣に「ルーフトップ カフェ」という軽食堂みたいなレストランがあり、ここは日本人に便利なように日本語メニューもある。
ind12060603.JPG

ind12060604.JPG
Google Mapを拡大するとルーフトップ カフェは載っている。レビューもある。
でも、今回はあえて「レインボー パラダイス ビーチ ホテル」の朝食バイキングでも食べたチキンカレーを食べに、このインド料理レストランに入り込むことにした。

店はオープンスペースで、屋根はあるけど壁も窓も無くいから屋台街とすごく大きな差は無い。
違うところは、一店舗の中にすべてがある、ということか。
席に着くと注文をとりにやって来た。

インドは長らくイギリスの植民地だったためか、欧米流マネッジメントが徹底しているのが、このペナンのレストランでも見て分かる。
注文や会計を担当する来店客マネージャーは、首からバッグをかけ、堂々とした物腰で客から注文をとる。
料理やビールを運んでくる人は、愛想がよくて顔の表情もあきらかに来店客マネージャーとは違い温和な感じ。
テーブルを片付ける担当者は、黙々と皿をワゴンに片付け、黙々とテーブルを拭く。
支払いの時に近くに居た、片付け担当者に声をかけたら「ちょっと待って・・」と言って、来店客マネージャーの堂々君がまた登場してきた。実に堂々としている。

きっと役割分担と責任と権限が明確に定義された欧米流マネッジメントスタイルが採用されているのだろう。

運ばれてきたメニューには小さく料理の写真が載っていたが、これではどんな料理なのか判別は難しかった。
幸い厨房の壁に大きく写真付きでメニューがあったので、「右から二つ目と・・・左から二つ目と、それにグレープフルーツジュースとタイガービール」と注文した。
ind12060605.JPG
出てきた料理がこれ。
待望のチキンカレー!
ind12060606.JPG

このレシピがどうなっているのかは私は想像できないけど、日本のカレーとは違うけど、決して違和感を感じない、とってもとても美味しい味!
スパイシーで、ややオイリーで、鶏肉には細かい骨も入っている。
小骨を出しながら食べるのは面倒ではあるけど、軟骨もコリコリと美味しい、
面倒だけど美味しいところは、日本のカニ鍋に匹敵するのではないか・・・?などと思いながら最後はナンで皿を拭くように全部食べきった。

もうひとつは、タンドリーチキン。
これは妻の注文だが、ちょっと食べたそのタンドリーチキンの味は、以前に仕事で行ったインド チェンナイで食べたタンドリーチキンの味を思い出すようだった。
少し乾き気味の鶏肉の食感と、インド出張以来お目にかからなかったレンガ色に焼けたチキンの色がすばらしい。
ind12060607.JPG

タイガービールはマレーシアではメジャーなビールということで、味は日本で買えるアルコールゼロ%ビールの味がした。
でもアルコールは入っているから、ご機嫌にはなれるのだけど、次は別のビールにすることにしよう。

会計は、例の来店者マネージャーの堂々君が言うには「31リンギット」。。
頭の中で計算すると800円くらいにしかならない・・・。
もしかしたらビール代入れてないんじゃないの?と思ったので「サーティーワン?」と確かめてみた。
堂々君はメモを私に見せて「これがユーの注文内容だ、料金はここ。」

実に堂々と彼は自分の会計が間違いない事を私に見せる。
私は安すぎると一瞬思ったので、聞いてみたのだが・・・。

この店「SRI ANANDA BAHWAN」は例の現地ガイドの人も時々来ると行っていたし、
店の裏口側に面した道路を散歩すると、車で来ている人がたくさん居ることが分かった。
ツーリストも来るけど、現地に住むロングステイヤーや、現地住民もけっこう食べに来るところのようだ。
ind12060608.JPG
屋台はちょっと・・・と思ったら、こういうレストランに行くのがいいかもしれない。
妻は、チキンカレーは多少辛いと言っていたが、ナンとタンドリーチキンは気に入ったようだ。

「SRI ANANDA BAHWAN」の場所はここ
↓↓

大きな地図で見る


posted by Oniwa Natsuo at 15:13| Comment(19) | TrackBack(0) | ペナン島調査旅行 | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

マレーシアロングステイの第二の候補地、ペナンの調査旅行計画

次回のマレーシア都市滞在旅行先はペナン島に決めた。
ペナンはマレーシア北部で、タイに近いマラッカ海峡側の島。国際空港があり、「東洋の真珠」と言われるメジャーなリゾート地にもなっているようだが、以前は日本からも直行便があったが、今はない。
今はない、ということは東南アジアのリゾート地として日本からの優先順位が相対的に下がっているからだと思われる。

一方ペナンはマレーシアロングステイでクアラルンプール(KL)と並ぶ2大候補地となっているようで、昨年12月に行われた現地ロングステイセミナーでは、KL視察の後にペナンにも視察する人が何人か居たようだ。

私の場合は、まだ海外ロングステイを決めているわけでないが、今の円高の利点を享受できる間に1週間から1ヶ月程度の滞在型旅行をしながら、もしも将来に日本に暮らすより海外暮らしが有利になった場合、ロングステイハードルを低くするための経験を積んでおきたいと思っている。

それで今回はペナンに行くことにした。
本当は、KLのやや南方にあるマレーシア最古の都市、マラッカに興味がありエアアジアを使って格安にそこへの滞在旅行を模索していたが、関空発着では日程が合わなかったので今回は見送った。
エアアジアは次回にトライしたいと思う。

今回はH.I.Sのツアーパッケージを利用することにして、昨日契約を済ませてきた。
ペナン5日で夫婦二人の旅行代金は全部で20万円を少し下回る。エアアジア利用ならホテル代合計の総額は、この半分程度で収まるようなので高いといえば高いが、エアアジア便に合わせると現地に居る時間が短かすぎるのでしかたがない。

利用する航空会社はキャセイパシフィック。香港でペナン行きに乗り継ぐことになる。
出発日の夕方に現地ホテル着で5日目の早朝にペナン空港発だから、3日間はペナン調査が可能だ。
マレーシア航空で行くKL乗り継ぎコースもあるが、こちらは4日目の夕方にペナン発なので忙しないと思いキャセイパシフィックのコースにした。旅行費用も両コースほとんど変わらない。

私はアーリーリタイヤしてGWや夏休みにかかわらずいつでも行動できる身分になったから、一番安い時期を狙って旅行日程を組むことができる。妻はまだパート勤めをしているのでGWや夏休みがそもそも休みではないから、別な時期に休みをとって行くことができる。だから5月のGW明けに照準を合わすことにした。
パンフレットではGW中に対し、その後の同じツアーを比較したら旅行代金は65%程度になるようだった。

パッケージにはペナンの半日観光ツアーが無料でセットできるから、これには行こうと思う。
それと、オプショナルツアーで「ペナン島生活アドバイスツアー」というのが別料金であるから、どうしようかと考え中。
これはペナンでロングステイに興味がある人対象に、現地の商店やサービスアパートメントを視察して回る半日のツアーのようだ。有料で安くはないが、今回の滞在旅行の目的にはかなうので、多分これに参加してみることになるだろう。
posted by Oniwa Natsuo at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ペナン島調査旅行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。