2012年01月28日

次回マレーシア滞在旅行候補地は・・・

今年2012年はマレーシアに2回行ってみようと思う。
友人や近所の旅行通の人は口をそろえて「マレーシアよりタイの方がいいよ」と言っているけど、もしかしたらその通りかもしれないけど、“比較的よく知った外国”をひとつ作って、タイ、中国、台湾、ブータンなど興味のあるところは、それから行ってみたい。

今は日本と外国の違いしか分からないけど、“あの国とこの国の違い”が分かるようになりたい。

マレーシアは昨年のロングステイセミナーで偶然訪れたことから“縁”ができたので、この縁をもうちょっと広げてみたい。
それにマレーシアに行った範囲はクアラルンプール(KL)の市内の一角に過ぎないし、もっと他の街にも、そこに泊まってじっくり街を見てみたい。

というわけで、最近発売になった地球の歩き方D19マレーシア ブルネイ(2012~2013年)を買って念入りに読み、ペナンとマラッカの二つをとりあえずの候補地に選んだ。

訪馬目論見時期は6月。
あんまりお金は余裕があるわけではないので、4日か5日の日程で訪れてみたいと思っている。

ただ、問題は・・・
ネットの海外旅行サイトをいくつか調べてみる限り、両方ともあまりツアーの種類が多くない。
特にマラッカに滞在するツアーはまだ発見もできていない。

ペナンの場合は日本から直行便が無いから、KULあたりで乗り継ぎが必要だ。
それでペナンに行くのであればいくつかツアーが組まれている。
値段も結構リーズナブル。
しかし妻が、ペナンに何泊もしないで一泊くらいはKLに泊まりたい、と言い出している。
妻はよほど12月のブキビンタンショッピングが気に入ったらしい。
しかしそんなアレンジをするとツアーでなく、飛行機とホテルを別に取らなければならない。そうすると値段が上る。

マラッカ訪問の場合だともっといろいろ“探さなくてはならない”。
マラッカ行きのツアーとしてネットにあったものは、KL泊で、そこから日帰りでマラッカまで行って帰ってくる。
日程表を見る限り、マラッカの観光地巡りのようで、私としてはもっと滞在して朝とか夜の街の景色とか、市場とか、喫茶店などを満喫したい。
それをするにはマラッカ泊が必要だ。

マラッカには地球の歩き方D19マレーシア ブルネイ(2012~2013年)を見ると、なかなか良さそうで味のあるホテルがあるみたいだ。
そんな風情あるホテルに泊まってみたい。異国情緒溢れるだろうなぁ~と夢が膨らむ。

だけど問題は、それでは旅行費用が嵩む。

ペナンか、マラッカにするか、まだ決めていないのだが、訪れてやりたいことは、観光地巡りではなくて、NHKの「世界ふれあい街歩き」のような、街自体を見て歩くこと。
写真も撮ってブログに載せたい!

どなたかマレーシアに詳しい方、
リーズナブルにKLとペナンまたはマラッカ両方に合計4,5日滞在するためのレコメンデーションありませんか?!

または、ペナンでもマラッカでもない別の地が良い、という可能性もないでしょうか?


SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 18:21| Comment(6) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

クアラルンプールへの旅行代金

クアラルンプールのロングステイは、はたして可能なのかどうなのか?
それを調査するために行った、2011年12月のマレーシア現地のロングステイセミナーツアーにかかった費用を決算したので、参考になるかと記録して残すことにした。

結果、夫婦二人で全部で約30万円かかったのだが、本来の目的外のショッピングや現地観光ツアー費用などが含まれている。
これを除けば、約25万円かかった、ということになる。

その内訳は・・・

1.基本ツアー代金   220000円
H.I.S.のツアーで、マレーシアロングステイに対応しているものをチョイス。
セミナー自体は1日で済むから、残り6日は現地にステイしてみる“体験”ということになる。
他の旅行社でも似たり寄ったりの料金ながら、多少高い安いがあるようだった。ちなみにH.I.S.の企画ツアーは燃油サーチャージ込みでだったので、決めた。

最初は「高いのかな?」とも思ったが、マレーシア航空の直行便で、泊まるホテルは三ツ星級。現地スタッフが空港とホテル間、ホテルからセミナー会場までの送迎をしてくれた。

帰って「もっと安い選択肢は・・・」とネットをググってみたら、
LCCのエアアジア料金に、同ホテルを組み合わせたら1割くらい安くなるけど、それだと送迎なしになるから、ほぼ満足な代金だったと言える。

2.国内交通費  8480円
関空までJR西日本の特急はるかに乗った。早朝に向かったのでこれしか良い選択がなかった。

3.関西空港利用料  5300円
昔は空港の自動販売機で買ったように思ったが、今はeチケットに入っているから旅行社に払った。

4.マレーシア出入国税など 3320円
まあ、こんなもの。

5.海外旅行保険  0円
クレジットカードを調べたら、海外旅行保険が付いていたので、連絡先電話番号とURLを控えておいた。だから新たに保険には入らなかった。

6.オプショナルツアーその1  4000円
ロングステイセミナー自体はタダなのだが、希望者はその後に市内ツアーに行く。これがジャランジャランツアー。
電車とモノレールに乗ったが、それはツアー料金に入っていない。
更に現地解散だったから、ホテルまでも自分でタクシーに乗って帰った。

7.オプショナルツアーその2  17000円
セランゴール川のホタル鑑賞というH.I.S.クアラルンプール支店がやっているツアーに行った。
目的はこの訪馬中唯一の観光地を観光するため。
夕食付きだった。

現地の旅行代理店を探せばもっと安いツアーはあるとは思ったが・・・なんだかそうする気にもなれずに着いた日に空港に迎えに来てくれたH.I.S.現地スタッフの人に、車の中で申し込んだ。
その現地スタッフはただちに電話で注文を入れ、30分後には車の中で予約が完了した。早かった!

8.食費  9500円
これが夫婦二人で、7日間のマレーシア旅行で払った食費全部の額。
この中には私はホテルで飲むために関空で買ったウイスキー代も入っている。
朝食はホテル代金に入っているから、主にランチと夕食。
自炊はしなかったから、大半がフードコートで外食。その他にコーヒー飲んでケーキ食べたり、フレッシュジュース飲んだり、買い食いしたり・・・
それで1万円しなかったのだから、マレーシアの物価の安さを痛感した。

9.移動費(タクシー、モノレール、電車)  2230円
これも安い!

10.ショッピング  24700円
服は4着、靴は3足、その他のいわゆるお土産や、薬屋さんでサプリかったりして、これだけになった。妻はまだ買いたいようだったが・・・。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

マレーシアに毎年通って滞在に慣れる・・・その資金繰り

マレーシア クアラルンプールは、物価が安い!住めそうだ!楽しめるぞ!と意気が上った昨年末だったけど、年末から今年始めにかけて、テレビでいっぱい放映された「池上彰の学べる・・・」シリーズを眺めているうちに、ふと心配になってきた。
「マレーシアに長期滞在できるメリットなんて・・・もしかしたらそう長く続かないんじゃないか??」と。

しかし、待てまて、海外に住める場所を見つけておくことは、安く暮らす以外に、サバイバル処世術として悪くない。
もしこれからどうしても日本を脱出しなければならない事情ができたとき、迷わずに向かって行ける場所を海外に知っておくだけで、これは大きなリスクヘッジになるのではないか!

何だか夫婦の年末年始の会話は「早くマレーシアに慣れなければ!」とか、「今年はペナンも調べてみよう」とか、妙にマレーシア熱のこもった話になってきた。

今日の新聞を広げると、H.I.S.でペナン4日間が4万円程度で行ける広告が載っている。
これなら基本旅費は夫婦で8万円。
他に手数料などなど掛かっても、おそらく10万円だろうか。。

この広告のツアーは時期が早すぎるけど、半年くらい先に同じような企画が出たら、その時はゲットしようか、という話になった。

そのペナン旅行資金10万円をどう工面するか・・・

昨年末にマレーシアに行き、ロングステイの可能性を見てきてから、私達夫婦の考え方が少し変わってきたような気がする。
以前は今住んでいる家をこれからどう住みやすくしようか。。リフォームや壁の塗り替えをいつ実行しようか。。古くなってきたエアコンをいつ買い換えようか。。などと考えていたが、
今はそういう事は後回し。
なるべく生活を軽くして、要らないモノはどんどん捨てて、いつでもチャンスがあればマレーシアに行くぞ!と。なんかそういうムードになってきた。
もちろんすぐにマレーシア移住は考えられないけど「今の生活をこれ以上重たくしたくない」という意向は、夫婦で一致するところとなった。

手始めに、今年は固定電話か、新聞か、有料のテレビ放送か何か一つか二つ契約を辞めてしまおう。
どれも月に5千円近くかかるから、1年分で10万円近く家計がリストラできる。
「毎年マレーシアに行く!」という目標があったら、日本国内旅行はもはや眼中に無くなるから、その分も節約できる。昨年は国内旅行に3回行って、15万円はかかったから、これもそっくりマレーシア行きにまわす。

日本が冬の時期にマレーシアに行けば、暖房する電気代が節約できて、マレーシア行きに注ぎ込める。
もう次のペットを飼うのは止めよう。お金がかかる。
今の車は10年越えても乗り続けよう、最近は10年超えの車の車検も2年毎になったらしい。新車買うより安くつく。
家のリフォームも無期延期。もうそんな気持ちも無くなってきた。

毎年これらの節約を原資にマレーシア通いをする。

それで現地の土地勘を得ることと、
現地で信頼できる不動産屋さんを見つけ、
いざ出動!というときは、いつでも最適な部屋を借りて、ただちにマレーシアステイを開始できる。
そういう事を今年はやり始めたい!

タグ:海外ステイ

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 23:05| Comment(8) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。