2013年02月17日

マレーシアミドルステイの試行錯誤 これまでのまとめ

マレーシアに1ヶ月程度滞在するミドルステイ。
日本より物価が安く、便利度も安全度も近年よくなっているマレーシア、特にペナンでの、これまで試した安く満喫できそうな方法をここらでまとめてメモに残しておくことにしよう。

1.手軽に行けるKL(クアラルンプール) vs くつろげるペナン
KLの優れたところは日本から直行便がたくさん飛んでいるところ。直行便なら6時間ほどでKL国際空港に到着できるし、そこから直通電車でKL市内まで行ける。LCCのエアアジアも直行便だから時間的に楽だ。ペナンはどこかで一回は乗り換えが必要だから乗り継ぎ待ち時間を入れると10時間程度かかってしまう。旅費もその分余計にかかる。しかしペナンはKLより物価が安い。ホテルの宿泊費も安いので、航空運賃とホテル代の合計ではペナンに長く滞在するほど有利になる。
さらにペナンはKLよりのんびりムード。くつろぐのならKLよりペナンの方が良さそうだ。
しかしショッピングではKLが一枚上手のロケーションだと思う。

2.宿泊はサービスアパートメントがベター
サービスアパートメントの部屋にはホテルには無いキッチンが付いている。その他はホテルのサービスとほぼ同じサービスアパートメントがある。ホテルもサービスアパートメントも○○ホテルとしか書いていない場合が多いから、キッチン付きかどうかは間取りを見ないと分からない。探してでもサービスアパートメントタイプに泊まりたい。
キッチンが部屋にあると多少の自炊ができる。一ヶ月も外食が続くとさすがに「今日は胃にやさしいものが食べたい・・・」となってくるから、そういうときに自炊できると助かる。日本でもなじみの野菜や醤油は欧米系スーパーのTESCOでも売っていたから、チキンの肉じゃがだったらできるだろう。

3.サクサク読める本をたくさん持って行くといいかも
マレーシアに腰を据えて滞在すると、10日滞在でも困ることがある。「今日は何しよう?」となってしまう。のんびりの定番の温泉入浴はマレーシアではできない。ホテルにあるのは温泉ではなくプールだ。あのプールサイドでのんびりするのは慣れないと難しい。サマにならないというか、なんとも落ち着かないのだ。
プールサイドの達人的な外国人を観察すると・・・
①まずプールで真剣に30分ほど泳ぐ。
②その後プールサイドのリクライニングチェアでゆっくり体を温めながら休む。
③休憩中に飲み物を注文する。
④飲み物がテーブルに届いたら、雑誌やiPadを見たり、うたた寝したり・・・
こんなことを半日以上もしている。
「半日以上もしている」ところがポイントで、短い時間で部屋に引き上げてしまうと「じゃあ次に何しよう・・・」とまた困ってしまう。長い時間プールサイドで過ごすために、好きな本をいっぱい持って旅行に行くのが一番いいのではないだろうか!?

4.街まで行く電車やバスが頻繁に走っている場所に泊まる
「買い物」に少しでも興味があるなら交通機関が便利な場所に宿泊場所を探すべきだろう。
KLは市内に電車が走っているからその駅近くでも良さそうだが、KLの電車は運転本数があまり多くないし、遅れが常態になっているからあまり便利でない。KLモノレールは頻繁に走っているので、モノレール駅近くのホテルやサービスアパートメントが良さそうだ。
KLにはバスもたくさん走っているから、どのバスに乗ればどこに行けるのか、ということに慣れたらバスも便利だろう。しかしKLのバス路線はかなり複雑だ。
その点ペナンのバスはもっとシンプルだから慣れるのも易しい。島の東側ならバスさえ通っていればジョージタウン辺りに出るのは簡単だ。
タクシーはたくさん走っているけど、いちいち価格交渉してから乗るのは面倒だ。

5.日本が冬の間にマレーシアに行く
50歳を超えたら、一昨年より去年、去年より今年と、目に見えて冬が嫌いになってゆく。
「自分が死ぬ季節は冬だな・・・」と思ったりする。
そんな嫌な冬に南国に行くと、空港に到着したときから元気が出てくる。だからどうせ1ヶ月滞在するのなら一番日本が寒い正月から二月辺りにセットしたいと思う。
しかし、そう思っているのは私の他に大勢いるので、日本が冬のときのペナン島リゾートホテルは予約がいっぱい。早くから予約しておかなければ満室になってしまう。

6.一泊200リンギぐらいの部屋を、老舗ホテルで、間取りを見て選ぶ

一ヶ月ホテルに滞在する場合、部屋の広さはある程度余裕がなければ夫婦喧嘩の元になる。
お互いがちょっと離れている空間が必要だ。一室でも良いが50平米ぐらいは要るのではないかと実感した。
しかし1ヶ月つまり30泊するためには宿泊料金が安いことも大事な要素だ。
広くて割安な部屋はちょっと古くなったリゾートホテルでお目にかかれる。今回泊まったホテルのネット上での口コミでは「良かったけど、施設が古くて・・・」といくつか書いてあった。確かに泊まってみると浴室の水周りが相当くたびれていて、いつもチョボチョボと水栓から水が出ている。サイドボードの引き出しが壊れている、などなど口コミの通りだとおもったが、そういう不便も楽しいと思えれば全然快適でくつろげる。
もっと安宿で良ければ一泊50リンギの宿もあるけれど、学生のバッグパッカーみたいに体力無いし、疲れると口うるさくなる妻もいるから、せいぜい一泊200リンギでホテルを探すのが良さそうだ。ちなみに30泊も連泊したらもうちょっと安い料金設定も期待できそう。

ちなみにこれがペナンのリゾート地 バトゥフェリンギで目に入った一泊50リンギの宿。一階は店が入っている雑居ビルの二階が宿になっている。日本の海水浴場にある民宿みたいなイメージなのだろうか。
inn13021701.JPG

inn13021702.JPG

7.観光でない楽しみを持って行く必要がありそう
1ヶ月滞在すればいろんなところに観光しに行けそうだけど、実際はそううまくいかない。
ホテルから行けるお寺や博物館などは何日間かで大半を行き尽くしてしまう。それにそんな観光スタイルにも飽きてしまう。ロングステイしているなら、マレーシアから近隣国へ海外旅行する手もあるけど1ヶ月ステイでそれをするには不経済だ。
だから観光以外で一ヶ月楽しく過ごせるような手段を予め考えて行く必要があるだろう。ショッピングやマッサージ、街歩きにプールサイドでのリラックスなどなどだ。ショッピングは楽しいけどたくさん日本に持って帰れない。マッサージは妻のお気に入りだけど私はくすぐったがりだからダメ。街歩きは楽しいけど毎日毎日街に出ていたら今回は疲れが溜まってしまった。やっぱりなんとかプールサイドでのリラックスがちゃんとできるようにしなくてはならないようだ。

8.定宿を決めて、何回かそこに滞在すると良さそう
やっぱり慣れるとホッとする。ホテルの部屋もそうだろうと思う。今回は前回と泊まったホテルは違うのだが、前回の旅行オプションで参加した“滞在型ホテルの見学”で見たホテルに泊まったから、ちょっとホッとできた。
さらに滞在初日から二日間は、前回行ったレストランで食事し、前回行ったショッピングモールだけに行ってみた。こうすることでちょっとはホームタウンに居るような気がすると思ってあえてやってみた。

ロングステイなら“外国で暮らす”目的がメインになると思うけど、シュートやミドルステイではやっぱりレジャーの位置づけからは出ないと思う。
今回の旅行は10泊で、毎日外出ばかりしていたから、それで疲れが出てしまった。
帰国して疲れが残るのは良くないから、次からは外出以外に、ホテルに居ること自体を楽しむようなスタイルを追求したいと思う。
そうは言っても、外国の商店街を歩くことは楽しくてしかたがないのだけど。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 15:28| Comment(6) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

なにか有益情報を!と思って、大阪のマレーシア政府観光局事務所へ・・・

海外旅行初級者にとって、現地を旅行を上手にするための情報集めはキビシイ。
とくにマレーシア旅行は、その周辺国への旅行よりガイドブックは少ないみたい。
ネット情報はそれなりに検索するとヒットはするけど、サイトによって評価はバラバラ、なかなかイメージを掴み難い。

海外旅行初級者が手軽に、安く行くには旅行会社のパックツアーを使うのがよいと思うけど、今度の旅行は、できればエア・アジアとホテルを別々に手配して行ってみたい。
何かそれについての情報は得られないか、と大阪にあるマレーシア政府観光局事務所(http://www.tourismmalaysia.or.jp/ )に行ってみることにした。
ml12021601.JPG

地下鉄御堂筋線で、梅田駅から2つめの本町駅で降り、四つ橋筋を北に200メートルほどのところに、その事務所はあります。
ml12021602.JPG

大阪科学技術館の真横。コットンニッセイビルを入ってエレベーターで10階へ。
ml12021603.JPG

周囲はこんな道路の光景です。
ml12021604.JPG

事務所の入口はこんな具合。エレベーターのまん前にあります。
ml12021605.JPG

中は、いかにもマレーシアっぽい雰囲気のロビーがあり、いただける資料が置いてありました。
ml12021606.JPG

応対していただいたのは、昨年のマレーシアロングステイセミナーで現地で会った日本人の職員の人。
とりあえず、こんなことを聞きました。

Q: 1週間くらい連泊して快適に過ごせるホテルは?
A:クアラルンプールだったら一泊300リンギット(RM)くらいのホテルにしたらいいのでは・・・
それより安い一泊200RMくらいの中級ホテルやもっと格安のホテルもあるけど“それなり”の部屋になってしまいますよ。
ミカサホテル(http://www.micasahotel.com/ )は私はよく使いますよ。

Q: ホテルはどう予約したらいいですか?
A:残念ながらマレーシア政府観光局事務所は予約業務などはやっていないから、ご自分で予約するしかないです。
予約はホテルのホームページからできるところが多いから、私はいつもそうやって予約していますよ。

Q: マレーシア旅行に詳しい旅行代理店はないでしょうか?
A:ここです
↓↓
ウェンディーツアーという代理店(http://www.wendytour.com/ )。
ただしここは日本では代理店業務をやっていないから、現地の店にアクセスして手配してもらうスタイルです。

Q: 初歩的な質問ですが、ホテルとサービスアパートメントは何が違うの?
A:サービスアパートメントは、台所が付いていて部屋も二部屋くらいああるから広い。
ある程度長く泊まるならサービスアパートメントは割安になるけど、数日とか1週間だったらホテルの方が安くあがるんじゃないですか。

Q: マラッカに行きたいんだけど、どんな交通手段が一番いいですか?
A:タクシーで空港からマラッカ市街まで130RMくらいで行けたと思う。コレが一番いい方法だと思うけど。


Q: エアアジアって、どんな?
A:私は乗ったことは無いの。
他のスタッフが乗った感想は、割りと良かったと言っていました。でもクアラルンプール空港はエアアジアの空港ビルは別になるし、やっぱり空港ビルに居ることを考えるとマレーシア航空とかの方が快適だと思うけど。
ブログにもエアアジアのことをスタッフが書いていましたよ。

というので、スタッフブログ(http://blog-tourismmalaysia.jp/ )を見てみた。
左側やや下の方に記事検索があるから、そこに「エアアジア」と入れると、出てくる。
エアアジアの自動チェックイン機の説明などの解説もあった。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 16:44| Comment(16) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

ペナンに行くか?マラッカに行くか?価格のけんとう

マレーシアを調べれば調べるほど気に入ってきた。
旅行会社のパッケージも、本屋で売っているガイド本もマレーシアについてのものは小数派。
その観光マイナーな感じがとても気に入った。中国の人はどうもマレーシアを目指して旅行する人は比較的多いようなのだが・・・。

なんでペナンなのか、マラッカなのか?
昨年はマレーシアロングステイの下見旅行にクアラルンプールに出かけたのだが、ペナンはクアラルンプールに次ぐロングステイヤーの居住地として候補にあがっていたからその存在を知った。古い街並みがあるそうで憧れる。

マラッカはその下見旅行中に現地で案内してくれたH.I.S.クアラルンプール支店のマレーシア人ガイドが「こんなところもあります」と言っていたからその存在を知った。ここもいにしえの街らしい。

その後ロングステイする意気込みは少々トーンダウンしてしまったが、物見遊山の観光地巡りでない“滞在してNHKの「世界ふれあい街歩き」みたいな旅行がしたいし、仮にロングステイするとしたら・・・下調べもまたできるので、この二つが目下候補にあがっている。

日本が梅雨の季節になったらペナンかマラッカに5日間の旅行に行くための調査をしている。
私はアーリーリタイヤメントで、仕事?はインターネットでするから時間は完全にフリー。
自由に日程を決められるのだが、妻が近所のスーパーに好かれてそこにパートしに行ってしまっている。だから休みを取れても仲間に迷惑かかるから5日くらいが限度だと言う。
それで5日の日程で、安く!しかし妻の希望によりホテルは“それなりの”風格のあるところ、という条件で探し始めてみた。

まずペナン。
ペナンにはH.I.S.のパッケージが有るので、それを今の段階ではベンチマークにしておくことにしよう。。
はたして梅雨のシーズンにこのパッケージツアーが有るかどうかは分からないが、有ったとしたら一人8万円弱。もしフェア価格のツアー設定が出れば6万円弱になる。
通常パッケージで二人で5日間ペナンに滞在する旅行をすると、基本料金は16万円。これがとりあえずのベンチマーク。

次にマラッカ。
マラッカについては日本からのマラッカだけのツアーというものが無さそう。ネットをいくら探しても見つからない。
そうであれば、航空券とホテルを別々に手配し、途中の移動費用も見積もってみるしかない。
安くマレーシアまで行くためにはエアアジアを考えるしかないだろう。
エアアジアはクアラルンプール空港まで直行で効率的だし、同じ直行便のマレーシア航空での安値往復一人6万円と比べて安い!

6月のエアアジアの関空とクアラルンプール間の航空券の値段を現時点で調べると一人片道4850円となっている。
まあ、荷物が多少あるし、その他のオプションを加えることを考えると7000円程度と見ておくことにしよう。

エアアジアにするとリスクがある。
ごく初歩的で「ハズカシイから、ひとに言えんなぁ・・・」と感じてしまうリスクは、全部ネットで自分で予約しなければならないことと、空港でも自分で全部やらなきゃならないこと。
英語はチョビッとできても、海外旅行を自力でした経験が無いもんんだから、これを見ると“リスク”を感じてしまう。「ほんとうに大丈夫かいねん?」とドキドキしてしまう。
「エアアジア 購入方法」などでググると出てくるサイトを見ると、「エアアジアのサイトはときどきエラーが出ます。そして慌てて操作すると二重引き落としされますから・・・」なんて書いてある。
おじけづくね!これ。。

ちょっとヤバくてドキドキするけど、なにしろ安いからエアアジアを本命と考える他あるまい。。

更にフライトを探っていくと、これもマズい!5日という選択ができない!
関空は1日おきに飛んでいるから、どうしても偶数日の日程になってしまう。だから4日間か6日間。
おまけに昼のフライトだけだから、大事な日中を飛行機の中で過ごさなければならない。これでは2日間は飛行機の移動にとられてしまう。

そうすると4日の旅行日程ではマラッカに1泊2日みたいな旅行になってしまう。
これではちょっと欲求不満かもだから、6日の日程になるだろう。

それとLCCにはつきものの“キャンセル不可”。でもまあ一人片道7000円なら、そういう不測の事態が起こったら我慢するか。
そう決めたとすると、夫婦二人の航空券料金は32000円と見積もれる。

クアラルンプールのLCCターミナルは、なんと一般の空港から30キロも離れたところにある?らしいのだが、幸い空港はクアラルンプール市街よりマラッカ寄りにあるから、空港からマラッカに直接行くには便利そうだ。
マラッカへはバスがあるらしいけど便数が少なそう?なのでタクシーで直行すると、今は見積もっておく。普通のタクシー(バジェットと言うらしいが)で159MRとネットにはあるから片道5000円と見積もっておこう。帰りもタクシーを使うとして合計10000円。

ホテルは現地エクアトリアルがH.I.S.でオーダーできそうだから約8000円の4泊で32000円。

最終日はエアアジアのフライトが早朝だから、前日からクアラルンプール空港のKLIAトランジットホテルに滞在していることにする。6時間を二人で滞在すると8400円。
帰りのフライトはLCC専用ターミナルまで30キロ?の道のりを移動することになるが、この費用は今は無視しておく。

この結果、エアアジア利用のマラッカ6日間の旅の見積費用(二人分基本費用)は82400円。
他になんやかんや要って、9万円というところか。



もしかしたら6月にH.I.S.でフェア価格のペナンツアー設定が出るかもしれない。
そいなったら二人で5日間12万円弱。お店に聞きに行ったら2月末頃そういうのが出るかどうか分かる“かも”しれないらしい。

でもまだ9万円と差がある。
ぐずぐずしているとエアアジアの航空券代が上ってしまい、差がもっと縮まるかも?
さーどうするか・・・。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 18:07| Comment(1) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。