2014年03月15日

コタキナバルで見てきたコンドミニアムとサービスアパートメント

H.I.S.コタキナバル支店が企画する「長期滞在希望者向け視察ツアー」は日本円に換算して一人7千円以上するから決して安くないが、そのような目的に合う場所をガイド無しで調べようもない。たとえロングステイでなくて1ヵ月滞在でも、ここに私と妻が滞在するにふさわしいかどうかを調べるため、あえて二人分の費用460リンギットを旅行社へ支払った。

滞在者にとって、どこに滞在するか?は私は極めて大事な課題だと思う。
コストを考えると高級ホテルがいかに快適だからと言っても1ヵ月も連泊することは私には無理だ。かといって度を超えた不便なところやドロボウが出る可能性が高い場所も嫌だ。なので、自分の立場で「そこに滞在できるのか?」を調べてみた。

コンドミニアム「ザ ピーク」
コタキナバル市街から車で10分ぐらい走った海に面した小高い丘にある割と高級なコンドミニアムが「The Peak」
condo14031501.JPG

高層の、日本で言うところの「リゾートマンション」
condo14031502.JPG

南シナ海に面している。目の前は海。コタキナバルの港に近いためコンテナ船や貨物船、漁船などが停泊しているのが見える。東日本大震災の後は、しばらく日本に入港できない船がここでたくさん待機していたらしい。
condo14031503.JPG

このコンドには日本人も住んでいるというガイドの話だが、訪問したときに日本人らしき姿は見かけなかった。残念ながら部屋内は見学できないが、基本的に3部屋あって月に3千リンギット程度(10万円くらい)の家賃だそうだ。この値段はマレーシアに暮らすにはおそらく平均的な値段だと思う。以前参加した「マレーシアロングステイセミナー」で紹介された住居費とよく似ている。

セキュリティーは良さそう。きっと部屋からの眺めはいいだろうし、
condo14031504.JPG

階下には洒落たカフェがあるし。
condo14031505.JPG

しかしなにしろ小高い丘の上にあるから車を所有していることが必須になるだろう。
condo14031506.JPG

このコンドの玄関付近には、
condo14031507.JPG

こんな部屋貸し希望者の張り紙が貼られていた。特にフォームが決まっていることもなく、思い思いに個性的な「入居者募集中」みたいなポスターが貼られている。
condo14031508.JPG

サービスアパートメント「プロムナード」
ここはコンドミニアムではなくて、ホテルに近い「サービスアパートメント」という市街中心部の「プロムナード」
http://www.promenadeapartment.com.my/

大型ショッピングモールの「センターポイント」まで歩いて数分の立地にある、ホテルにキッチンが付いて手料理ができる「サービスアパートメント」というカテゴリー。
condo14031509.JPG

外観はなかなか立派でコンドミニアムのようなセキュリティーとホテルのようなフロントがある。
condo14031510.JPG

しかも一泊あたりの宿泊費はそう高くない。ここに一か月滞在する費用は大体2500リンギットぐらい。しかしその手続きをするには、フロントの従業員が言うことには、ここコタキナバルにある専用宿泊受付窓口で手続きしなければならないらしい。
ここがその専用窓口。
condo14031511.JPG

サービスアパートメントの裏側(海と反対側)の道沿いの、こんな雑居ビルの一階にそれがある。
condo14031512.JPG

そこからプロムナードのビルを眺めると、こんな位置関係の場所。
condo14031513.JPG

コタキナバルの窓口に行かなければ手続きできない、というのが本当だと、これはちょっと厄介だ。この日もたくさんの旅行者達で窓口は満員で、担当者に話を聞くこともできなかった。もしコタキナバルに到着してこの窓口にやって来たとしても「あいにく満室で宿泊できません!」となったら、これはたいへんだ。
ネット予約はどうも1泊だけなら可能なようなので、それを使って“上手く”現地で連泊手続きをするとかテクニックが必要だろう。

でももしここに連泊できるのならば、1ヵ月程度の滞在にはかなり良い滞在ロケーションかもしれない。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コタキナバル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391514055
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。