2014年03月08日

コタキナバル 中短期滞在のための買い物事情

観光旅行での買い物はお土産もの屋だけでだいたい事足りるけど、1週間から1ヵ月滞在となれば日用品をい買う必要が出る。しかしロングステイヤーのように生鮮食料品まで買い物する必要もないだろう。そんな中短期滞在視点で、今回の数日コタキナバル滞在でウィンドウショッピングした店のまとめを記録します。

TONG HING
H.I.S.コタキナバル支店が行う「長期滞在希望者向け視察ツアー」で最初に案内された、高級ショッピングセンターがここ。
tonghing14030801.JPG

店内撮影禁止だったため、入り口しか写真が写せなかったので、言葉で書き表すと・・・
TONG HINGは市街の北のはずれ、マリーンポリスがある近くにある主に海外からの滞在者御用達の店。雰囲気は成城石井みたいな感じで、ちょい値段が高めながら日本食なども並ぶ。
ちなみにここでメモしたTONG HING物価水準は・・・
牛肉ステーキ用150グラムで32リンギ(995円)
チキン450グラムで2リンギ(65円)
リンゴ(ふじ)一個2.8リンギ(88円)
クロワッサン一つ2.5リンギ(78円)
ロールパン6個一パック3.6リンギ(112円)
タマネギ1キログラム25リンギ(775円)
ミネラルウォーター2リットル3リンギ(95円)
米(インディカ米)10キログラム48リンギ(1500円)
と、高級と言っても現地調達品は日本から見てもまだ安い。更にコタキナバル市内の他のスーパーと比較してもそう高いわけではなさそうだ。ただ日本からの輸入品は日本価格の約2倍していた。

センターポイントショッピングセンター
次に「ここは日本からの観光客がよく来るショッピングモールです」とカイドに案内され、コタキナバル市内ド真ん中にある一番メジャーなショッピングモール「センターポイント」にやって来た。
centerpoint14030802.JPG

中はこんな感じで広く、綺麗で大きい。
centerpoint14030803.JPG

付近にも別のショッピングモールが点在する、いわばショッピングモール激戦区なのだが、滞在者にとっての魅力は、私はそう高くないと思った。なぜなら「安くてそれなりのもの」を売る店が大半だからだ。ただ滞在中の普段着をここで調達するのはいいだろう。洋服、靴、バッグ、雑貨の店は溢れるほどある。ただし「それなりのもの」だという感触が消えない。
ここで特筆する場所はセンターポイントの上層階(確か4階だったか・・・)が良さそう。
centerpoint14030804.JPG

ここにはブランド店が並んでいる。
centerpoint14030805.JPG

しかし私はここで一般のブランドを買う気にはあまりなれなかった。それを買うなら日本で通販で買えばいいと思ったからだ。
そうではなく、せっかくマレーシアに来たのだからマレーシアオリジナルブランド、メイドインマレーシアを買うならば買って来たい。日本で有名でなくて値段も安いけど、私はこういうのに目が無い。購入の食指が動く。
centerpoint14030806.JPG

その候補は、今回妻の靴を買ったマレーシアブランドのVINCCI
centerpoint14030807.JPG

購入した妻のサンダルは日本円にしたら2000円もしないけど、デザインも製造もマレーシア。マレーシアの婦人靴は私はかなりデザインがいいと感じていて、有名なジミーチュウ氏はマレーシア出身者であるから、そういう流れを組む?ものを買うのは嬉しい。

さらにセンターポイントの地下にはスーパーがあり、ここで食材や日用品の調達ができる。
centerpoint14030808.JPG

規模も広くて価格は上述のTONG HINGより少し安いけど、少しだけだ。

スリアサバ
私はコタキナバルで一番行きたいショッピングモールはここ「スリアサバ」だと思った。
場所は市街の北のはずれ、上述TONG HINGとマリーンポリスがある近く。
suriasabah14030809.JPG

ここは中に入った途端に高級ブランドショップが並び、クアラルンプールやペナンの高級ショッピングモール同様の場所だと思った。
suriasabah140308010.JPG

このスリアサバにもマレーシアオリジナルブランドのPADINIという店がある。
suriasabah140308011.JPG

観光や滞在のついでにそういう「リーズナブルなブランド品」を買うならここらへんが良いのではないかという気が強くしたし、このスリアサバの上層階にはTONG HINGを更に広くしたような高級スーパーがある。下の写真。
suriasabah140308012.JPG

さらに海を眺めながらリーズナブルに食事できるフードコートもあるし、両替商も入っている。後述するが、どうもコタキナバルの両替レートは場所により同系列の店舗でも差があり、私が行ったときにはこのスリアサバ内にある両替商が良いレートを示していた。
街歩きして楽しいことのひとつは、両替商のレート表を眺めて歩くことだ。

また地下には日本でおなじみのダイソーが入っている。ここは日本で買うより高くて5リンギショップなのだけど、いわゆる海外に進出した“百均”ショップの良いところは、日本語表示された日本の商品がそのまま売られていることだ。だから使い捨ての日用品はここで買ったらいいのです。
suriasabah140308013.JPG

中央市場
こうしてコタキナバルのスーパーやショッピングモールを眺めて街歩きすると、日本よりは安いものの、大幅に安くて半額程度、食品などは少ししか安くないことが見えてくる。「なんだ、これじゃ節約できないや!」と思ってしまうが、では現地の人はどんなところで日用品や食料を買っているのだろうか?

おそらくこういう市場だと思う。
market14030813.JPG

market14030814.JPG

その中で一番大きな「中央市場」
中には人がたくさん居るので、プライバシーを考えて撮影しなかったけど、ここならかなり安い値段で買える。外国人観光客も来て買っているようだけど、ホテルに持ち帰って食べてみようか!と購入意欲が湧く品物は果物とか・・・あまり多くはなかった。
market14030815.JPG

バユアシアナショッピングセンター
最後に妻の希望で「スパに行きたい」を叶えてあげようと、日本語OKだというH.I.S.の現地でくれる小冊子に載っていた「バユアシアナショッピングセンター」に行った。
bayuasiana14030816.JPG

ここのスパは妻が言うには「上等なサービス」だったらしい。私はくすぐったがりでマッサージは一切ダメだから写真の休憩室で待っていたが、冷房の効いた部屋でいい香りで、ここでフリーのネットが使えたら最高なんだけど・・・と思いながらしばし休んでいた。
bayuasiana14030818.JPG

バユアシアナは「日本語OKで、無料送迎します」と小冊子に書いてあったから電話で迎えを呼ぼうとしたら、もう営業時間なのにぜんぜん電話に出ない。何回かけても留守録になってしまうし、このままではタクシーで行くより電話料金が高くなると思い、ホテル前からタクシーで向かった。パレスホテルから10分くらい、20リンギで簡単に到着した。やっぱり日本でないから営業時間になったら即電話が通じるとはならないのだ。

さすがに帰りは無料で送ってくれた。
ショッピングセンターとある割に、このバユアシアナの実態は「お土産屋さん」と言って過言ではないだろう。しかし値段は市内のモールと比べて高いわけではないし、日本人が喜びそうな品物が並んでいる。
bayuasiana14030817.JPG

例えばトンカットアリの錠剤。高くて買わなかったけど、日本語で説明記載されていて、いいかにも日本人のオジサマにターゲットを当てた商品だと分かる。日本人男性は精力が心配な人が多いのだろう。

その他に「どうしようか・・・」と思ったものに「ルアックコーヒー」というジャコウネコの糞から採取した逸品のコーヒーというのを売っている。これはこの地域ではかなりお土産ものとして売られているものだ。元々はジャコウネコが食べる質の高いコーヒー豆をそうやって得ていたのだが、ジャコウネコの消化器内をコーヒー豆が通過する際に、ジャコウのよい香りがついて上品な味になると、隣国インドネシアでジャコウネコを飼育してルアックコーヒーの生産をやっているらしい。マレーシアで売られているルアックコーヒーはインドネシアからの輸入品だということだ。

よっぽど買って試してみたかったが、高価であったのと「ネコの糞・・」と聞いて妻が大反対したため買えなかった。「ネコじゃなくてジャコウネコだ」と言い聞かせてもダメだった。

これらの他にもショッピングセンターには行ったけど、場所によってはテナントがあまり入っていないゴーストタウンのようなセンターもあったりで、あまり日用品だけを手広くリーズナブルに売る大規模スーパーのような店には行きあたらなかった。
そういう点で、長く滞在するならやっぱりペナンの方がいいのかなぁと思ったりしたが、街がコンパクトにまとまっているのはコタキナバルの長所だと思う。
ウィンドウショッピングや日常の買い物に炎天下を長く移動しなくて済む。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コタキナバル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。