2014年03月01日

コタキナバル パレスホテルは、可もなく不可もなく

マレーシア コタキナバルにH.I.S.パッケージツアーで、観光よりも“一週間滞在”のつもりで2月に旅行しました。
この旅行の一番の狙いは、日本の冬季に避寒滞在できそうな場所を探すことです。コタキナバルは初めての訪問だったので、旅費を節約し、現地ガイドにも話を聞け、無難なホテルに泊まれるだろう、という期待を持ってH.I.S.の新春企画でかなり安い価格のツアーを選択。

泊まったホテルはコタキナバルのダウンタウンから徒歩15分ぐらいのところにある「The Palace Hotel」。
palacehotel14030101.JPG

コタキナバルは街が小さくて細長いので、街の中心から徒歩15分でも郊外の感じがするところ。なので比較的静かなところからそぞろ歩きでダウンタウンへ買い物や散策に行けるロケーションは“滞在を目的とした旅行”には悪くないロケーション。

ロケーションはまずまずだが、ホテルは三ツ星クラス。「あまりゴージャスではないだろう」と設備には期待していなかったが、思っていたより見栄えは良い感じ。ただサービスの質は「可もなく不可もない」とイメージ的にはそう言えば的確だと思うけど、実際は「可もあり不可もある」と説明する方が的を得ている。

パレスホテルに一週間程度“滞在する”に、良いところは・・・
部屋が窮屈でなく、清潔で明るくて、虫が出なかったこと。部屋内は下の写真のようになんだかオフィスイメージが漂うけど、歩き回るに十分な広さがある。WiFiは朝と夕方には極端につながりにくくなるけど、一応使えるし、パソコンするデスクも備え付けられて照明も明るい。
これが部屋の中の概観
palacehotel14030102.JPG

テラスは無い。窓のそばにデスクスペースがあるので、荷物置き、パソコン作業、お化粧するのには都合いい。
palacehotel14030103.JPG

ミネラルウォーターはポットの中に入っている。
palacehotel14030104.JPG

他には小さなテーブルと椅子、それに壁にテレビがある。もちろんベッドもある。
palacehotel14030105.JPG

窓から外の景色はこんな。海は見えない。
palacehotel14030106.JPG

朝食は一階のレストランでバイキング。この味は悪くない。リゾートホテルというよりビジネスホテルな感じがするパレスホテルだけど、レストランは広くて混雑もなく、外の森に茂る木を眺めながらの朝食気分はちょっとだけリゾートホテルな雰囲気もしました。

ホテルから街までは徒歩15分ぐらいだから、あえてタクシーで行く必要も無いですが、もうちょっと離れたスパなどに行きたい場合は、ホテル前にいつも赤白のタクシーが泊まっていて、ドアマンに言ったら横のベンチでのんびり休憩していた運転手さんがさっそく出動してくれる。事前に値段を聞いたら「20リンギ」。ダウンタウンより離れた車で10分ぐらい走る場所だったから『そんなもんか?』と運転手の言い値で払うことにした。

ホテルの部屋の話に戻って、私にとっては肝心の“お風呂”の話ですが、なんと私の泊まった部屋はシャワーブースとなっていた。最初これはマズイ!やっぱ安かろう悪かろうか!?と後悔しかけたのですが、使ってみると悪くはないことが判明。
palacehotel14030107.JPG

湯はいわゆる“熱いシャワー”というのが十分に味わえるほど良く出たし、それを浴びていればかなり湯上りのくつろぎ感も出ることが分かりました。シャワーブースのみの部屋は初めての経験でしたが、南国ではバスタブより手っ取り早くていいみたい。

反対に良くなかったところは・・・
これは私の妻が憤慨していたことだったのですが、ホテルがリザーブした私どもの宿泊日数が1日不足していたので、それをフロントに言って正しく直してもらいました。ついでに朝食券が足りなかったのは私も見て分かったので「足りない最後の日の券をちょーだい」と言ったらくれて、そこまではいいのだが、私どもには気が付かない部屋のカードキーの延長手続きやルームサービスの指示が、延長修正したにもかかわらず、なされていなくて、私どもが気が付く度にいちいち言ってやってもらわなければならなかったところ。

妻は「こんなの有り得ないから・・・」とかなり憤慨していた。が、私はこれもけっこう面白かった。伝え方が良くなかったから「部屋の水が無いよ」と言ったらミナラルウォーターを持って来てくれるかと思ったら、水道修理担当者が来たし・・・
「最終日にレイトチェックアイトをしたい」とフロントマンに言ったら「○○リンギ要ります」ときたから早速ネゴを開始した。最初はその料金設定は決められていて・・・などと言っていたけど、そのうち「マネージャーと話してみるから」に態度が変わったので、「効果があったのかな?」と思って後で尋ねたら「マネージャーにダメだと言われました」とアッサリ満額提示に戻りました。『そんなら期待させないで、最初から突っぱねた話し方にしたらいいのに・・・』と私は日本のホテルでは・・・などと思ったけど、よく考えてみたらこんな無料で“生きた英会話の練習を何回も”という機会を与えられたようなものです。

ウチは姉さん女房だから年功序列的に妻がエラいから、この件は「良くなかった」カテゴリーとしています。しかしこういうことがあるから海外旅行が楽しくて、後まで記憶に残るのです。

もうひとつ良くないカテに強いて入れるなら、滞在型のホテルとしてパレスホテルを眺めたら、リラックスした雰囲気に欠けるということ。
「ビジネスホテルに泊まるんだ」と思って泊まれば、ここのホテル風情に不満が無いかもしれません。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コタキナバル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390267553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。