2013年03月06日

2013 今年のペナン滞在のまとめ

今年のマレーシア ペナンへの旅行は1回だけ。年末にクアラルンプールに滞在予定はあるけれど、おそらく来年またペナンには滞在することになると思うので、忘れないように今年のペナン10日滞在をまとめておくことにします。

1.ペナンでは人通りのある道を歩く
犯罪に遭ったわけではなく、犬に遭ったから。幸いその犬はどうやら飼い犬のようで、だけど放し飼い?なんだろうか、私達が道を歩くのを見つけたら喜び勇んで?3匹も駆け寄って来てワンワンやられるわ、膝裏をフーフー鼻こすりつけて匂い嗅がれるわで、生きた心地しなかったのだ。クアラルンプールに犬は居ないのに、ペナンには自由に歩く犬がけっこう多くいる。人通りが多いところにいる犬は何もしなけど、たとえ閑静な住宅街でも人がいないところにいる犬は、人が通ると寄ってくる。

2.ホテルはインターネットが部屋で使えるところにする
泊まったコープソン オーキッドホテルは部屋でインターネットが使えない。今年には工事して部屋でも使えるようになるらしいけど、それに間に合わなかった。部屋でネットできないのはなんとも困る。ブログはアップできないしメールも見られない。明日行きたい場所を検索することも無理。プールサイドに行けばwifi使えたのだが。昼間はそれでもいいけど夜が困るんだわ。

3.できればキッチンのあるホテルがいい
マストアイテムではないが、部屋にキッチンがあるホテル、これはサービスアパートメントになるのだが、これが便利でいい。もしキッチンが無くても洗面所でも大丈夫で、湯沸しポットくらいはどのホテルも置いてあるようだが、キッチンがあると電子レンジもあるだろう。これがあるとコンビニやスーパーで買ったものを温められるからいい。外食が続くと現地料理に慣れていない胃が降参信号出すときがあるから、そういうときに電子レンジは頼もしい。

4.お酒は日本から買って持っていく
マレーシアで一番安くアルコール飲料を飲もうしたら、多分タイガービールになるのではなかろうか。これでも350ミリリットル缶でひとつ200円ぐらいする。日本のビールと同じぐらい。お隣のタイでは50円以下でビールが買えるからやっぱりイスラムの国マレーシアではお酒は高い。だから飲まなきゃいられない人は、日本から度数の強いウィスキーなんかのお酒を制限いっぱいに持って行くべきだろう。ちなみに酒類のマレーシアへの持込免税範囲は1リットルまでのようだ。

5.正午から午後4時くらいまではおとなしくしている
「おとなしく」の意味は、外出しないでホテルにいるか出かけてもショッピングモールの建物の中など室内にいた方がいい。外を歩くと熱中症になりそう。30分も歩いていると汗が止まらずに噴出すようになり頭痛がしてくる。危ない!
外を歩くなら午前中か夕方になってからが熱中症からは逃れられそうだ。

6.虫除けスプレーは必需品
ペナンはけっこう刺す虫が飛び回っている。蚊はデカくて日本のヤツよりのんびりしているのか、わりと簡単にパチンとやったら殺せるけど、マラリア予防注射していないとなんだか怖い。ブヨみたいなのも飛んでいてプールサイドでネットしていたら脚を刺された。こいつはなかなか痒みが引かず、帰国後1ヶ月経ってもまだ刺し後が分かるぐらい強力な毒だかアレルゲンを持っているみたいだ。虫除けスプレーのほかに、虫刺されの薬も要るだろう。

7.長袖シャツが必要だ
南国マレーシアだからこそ、ホテルやデパート、バスの中などでは冷房ギンギンに効いている。寒い!って感じするときも多々あるのだ。だから半袖シャツでそんなところに長いことい続けると鼻水出るし、風邪引きそうなムードが漂ってくる。
Tシャツを着て、脱いだり着たりができる薄手のシャツをバッグに持っていくのが良さそう。

8.胃薬は必需
お腹を壊すことは想定済みで、整腸剤はタップリ持って行ったが胃薬は2つしか持って行かなかった。マレーシアの料理の特長は、辛い、脂っこい、安い、おいしい、ときている。
つまり胃の調子がいいときは辛くて脂っこいものを安くておいしいから、ついお腹いっぱい食べてしまう。それでヤワな日本食に慣れている胃には一気に負担がドンとかかる。
こういうときにはうどんやお茶漬けが恋しくなるのだが、胃薬で胃の調子が復活したら、またマレーシア料理に参戦できる。

9.リンギットの小銭は持ち帰る
前にも投稿したが、次にマレーシアに来たときの初日に乗るバス代やホテルマンへのチップなんかに使う。リンギットは空港で両替したら最低紙幣は10リンギットだから約300円紙幣となるが、バスはお釣りが出ないし、チップで10リンギットはちょいと奮発し過ぎ感がある。5リンギットはチップ用に、1リンギットとコインはバス代に保管しておきたい。

10.バスに乗り、個人商店で買い物する
これは何のためかというと、現地の人と日常会話するため。今回の滞在を思いなおすと、一番会話したのはラピッドペナンの路線バスの運転手達。路線バス旅をしたから行き先とか発車時刻を尋ねなきゃならなかったからだ。けっこうこれがマレーシアチックな英語で会話する訓練になったような気がする。
ショートステイぐらいでは現地の人を話しする機会はあまり無い。だから路線バスの運転手とのっぴきならない会話するのは、会話するいいやる気出しになる。
買い物するのもスーパーやコンビニだと日本と同じく話さなくても買い物できてしまうから、個人商店で聞きまくって買い物する店の方が充実感がある。
ただ日本と比べてペナンのお店の人は無愛想に見える。それに慣れないと『なんだぁ・・売る気あるのぉ?』みたいに感じるから要注意。多分これは日本の小売店が親切&おもてなし精神ありすぎて、それに慣れ切っているからそう思ってしまうのだろう。
タグ:ペナン

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 14:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ペナン島滞在 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1の犬の件は私はペナンでは一度も経験がありません。去年、タイのチェンマイのお寺で7頭ぐらいに囲まれて、異国で犬に噛み殺されて死ぬかと思って本当に泣いたことがありますが。
でも、ガーニードライブを散歩するのに犬を追い払う棒を持っているとかいう話を聞いたことがあります。

上記の10の他に、11「出かける時は水分補給のペットボトルを持ち歩く」12「女性は日焼け止めを忘れずに」でしょうか。

さて、今週はボルネオ島のクチンに出かけていました。ペナンからの直行便があって2時間位です。
別にどうという観光地ではなく、クチン=猫という意味で猫の像があるだけの街です。でも、格安でヒルトンホテルに泊まれて知らない土地の街歩きが出来るだけで私達は十分に楽しめるので問題ありません。

娘にロングステイしても退屈しない理由を聞いてみました。
「ごく普通のローカルな市場やスーパーの食材や日用品、商店街やショッピングモールを見て歩くだけで日本とは違う物が沢山あってワクワクするから」とのこと。

海外滞在好きの血は確実に受け継がれていますね。
娘が「ローカルなスーパーやデパートで日用品を買い物してカフェに入ってお茶しておしゃべりしていると、「あれ?ここどこの国の何処だったっけ?」となる」と言っていましたが、私も全く同じ感じです。

でも、旅が日常化?して今回大失敗!
クチンはペナンと同じマレーシアだから国内線で出発。クチンでも国内線の通路でスルリと入り、帰りの便のイミグレカウンターで足止めをくらいました。

そうなんです。マレーシアは大きく二つに分かれているんです。
東マレーシア(KL、ペナンのある半島側)
西マレーシア(ボルネオ島側)

さらにこの西マレーシアは二つに分かれています。
サバ州(コタキナバルがあるところ)
サラワク州(クチンがあるところ)

同じ国内でもそれぞれ独自の入国審査があるのをすっかり忘れていたんです。
以前、コタキナバルに行った時はちゃんとイミグレを通っていたのに・・・。

要するにクチンに到着した時に入国審査を受けて入国スタンプを押してもらわなくっちゃならないのに不法入国しちゃったわけですね。
結局はクチンには入国、出国もしていなかった(滞在していなかった)という処理になりましたが。

でも、ペナンでは行きも帰りもイミグレがなかったんです。変ですね。




Posted by rebecca at 2013年03月10日 14:32
rebeccaさん、

>タイのチェンマイのお寺で7頭ぐらいに囲まれて、異国で犬に・・・
これは超怖いお話ですね!
そのときどうしましたか?犬に棒振り回したら、犬達は逃げてくれるのでしょうか。野犬はほんとに怖いけど、放し飼いの犬も怖かったです。狂犬病は発症したら全例死ぬとネット検索したら出てきますから、これは重大ですね。

>11「出かける時は水分補給のペットボトルを持ち歩く」
>12「女性は日焼け止めを忘れずに」でしょうか。
はい、そうです。ペットボトル持ち歩きは要ります。日焼け止めという女性視点も忘れてました。

>「ごく普通のローカルな市場やスーパーの食材や日用品、商店街やショッピングモールを見て歩くだけで日本とは違う物が沢山あってワクワクするから」
そうです!そうです!
この言葉には100%賛成で、よくぞ私も言いたい言葉を要領よく簡潔に表現していると感心しました。

>同じ国内でもそれぞれ独自の入国審査がある・・・
マレーシアってそうなんですか!!
まったく知りませんでした。
不思議ですね。
でも去年KLの現地ガイドが、マレー半島のマレーシア人はボルネオに滞在できる日数が限られていると話していました。なんでもボルネオに住む方々はのんびりしているから、商売の競争をしたら負けて暮らせなくなるから、だとか理由を聞きましたが、そのためなのでしょうかねぇ。
Posted by 大庭夏男 at 2013年03月12日 10:18
>そのときどうしましたか?犬に棒振り回したら、犬達は逃げてくれるのでしょうか。

お寺で飼っている犬のようで尻尾を振っていたとかで、(私は先に境内に入ったとたん、いきなり四方八方から犬が吠えながら走って来て恐怖で何も見えてませんでした)後から来た夫が、足がすくんで動けなくなっている私を手を引いてゆっくりとお寺の外まで連れ出してくれました。

>狂犬病は発症したら全例死ぬ
恐いですねえ!!
でも、マレーシア半島では近年ヒトの狂犬病は発生していないようです。ペットのワクチン接種と野良犬の駆除対策の成果です。「デング熱」は最近KLのタマンデサのコンドでも多くの日本人もかかったようですが。

フィリピンに赴任した時は、毎年多くの人が狂犬病等で亡くなっていると聞いたので、渡航前に確かA型肝炎,B型肝炎,破傷風,日本脳炎,狂犬病の予防接種をした記憶があります。一度に注射してふらふらになり、しかも一本7,8千円以上していっきに数万円が飛んでいき倒れそうになりました。

タイも毎年狂犬病やその他の患者が出ているようなので長期滞在の場合は予防接種が必要でしょうね。

マレーシアの場合は外務省はとくに予防接種をするようにとしていませんから、そういう意味でも安心な国だと思います。

実は、私が犬がかわいいけど恐いのは狂犬病という以前の問題です。昔、よそのお家を訪ねた時につながれている飼い犬の頭を撫でようとして手を噛まれ、数時間後に雑菌で手がパンパンに腫れて、手に注射を打ったことがあるからです。それと、知り合いの小さなお嬢さんが近所の放し飼いにしていた犬にかみ殺されて裁判をされていたことも大きな原因ですね。

だから、大庭さんのように犬をペットとして飼っている(いた)人は犬は恐くないのだとばっかり思っていました。兄は獣医ですからどんな犬でも診察台の上で上手におとなしくさせてしまいますし。
日ごろから犬に慣れているから誰でも恐くないというものではないんでしょうかね?
Posted by rebecca at 2013年03月12日 13:18
すみません訂正です。犬が「恐い」ではなく「怖い」の方が正しいですね。
Posted by rebecca at 2013年03月12日 13:26
rebeccaさん、

>お寺で飼っている犬のようで尻尾を振っていたとか・・・
あーやっぱりそういう犬でしたか。私がビビッた犬と同じですね。でもさすがに7匹は怖そうですね。
私は犬を飼っていましたが、遠くから舌出してハアハアしながら駆け寄って来る犬が優しい犬だかあぶない犬だかまで見分けることは無理みたいです。rebeccaさんも冷静な行動がよくとれたと感心します。

でもマレー半島で人の狂犬病が出ていないのは安心しました。
こういうこともステイする国や場所を決める要素になりますね。
デング熱はあまり用心していませんでしたが、蚊には刺されましたので、次は用心しようと思います。
マレーシアは長袖長ズボンが冷房し過ぎ対策と蚊対策も兼ねていいかも、と思いました。
Posted by 大庭夏男 at 2013年03月12日 16:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。