2013年02月07日

大庭家、テレビ取材を受ける

本日、フジテレビの取材班が我が家をはるばる訪れて“アーリーリタイヤした人の実態”ということで取材を行いました。
平日の朝8時からの「情報プレゼンター とくダネ!」の中の「直撃御免」で近々に早期退職問題を扱い、それに係わる取材ということです。

ディレクターの方と映像と音声の技術の方、合計3名で機材を持って車で正午に我が家に見えて、それから午後5時近くまで取材が続きました。
アーリーリタイヤしてしまった人の暮らしぶりを撮って聴くというものです。

なぜアーリーリタイヤしようと思ったのか。
資金はいくら持っていたのか。
どうしてそれでリタイヤして大丈夫だと思ったのか。
リタイヤして何しているのか。
妻はどう思っているのか。
などなどです。

一番時間がかかったのがお金の説明。7割ぐらいの取材時間をこれに費やしました。
さすがに一番重要なリタイヤ暮らしのインフラですから、こちらも丁寧に説明しなければと思い・・・しかし「こんなふうにボードを使って説明してもらいたい」と言われるので、それに合わせて撮影を受けながら説明しました。この撮影中には途中で間違えたりして撮りなおしもあり長い時間がかかってしまい、けっこう私も頭がクラクラしてしまいました。

家計予算金額を言う必要はやはりあり、実際の資金を披露しないと「どうしてそれでリタイヤできる!」と説明できないから、端数は丸めこそしましたが、実際とほぼ同じ我が家の家計資金を出すことになりました。
退職金を含めた資金が3千万円と個人年金が2千万円、合計5千万円をもって51歳で退職した“五千万円同好会”のアーリーリタイヤメントというわけです。

顔も撮影をしてもよい、ということにしましたので、多分テレビ放送では大庭夏男がどんな顔しているのかも映るでしょう。
ディレクターは最初、リストラとかリタイヤの話だから「顔もほんとに大丈夫ですか・・・?」と心配そうでしたが、「リタイヤ後の自由な時間を使って出版した本についても・・・」と言ってくれたので、これは出版した本をテレビでPRできるまたとないチャンスだし、そのチャンスなのに顔を出さないわけにもいかない、と思い・・・思いきって全身の撮影をOKしました。
しかし撮影と説明で頭クラクラになったから、もしかしたら寝ぼけたような顔になっていたかもしれません。

5時間の取材でしたが、放送では3から4分に編集されるのだそうです。
どの部分が採用されるのかまったく分かりません。
シミュレーション表にはかなり興味を持たれたようだったので、この説明は流れるのではないかと思います。

私は、シミュレーションというのは“将来の見通し”を見るだけで、これが計画ではありません、という説明をしましたが、はたしてテレビを見た方々はそう受け取ってくれるかどうか・・・ちょっと気になります。
「計画が計画どおりに進むわけがないじゃないか」と誤解されないようにと願っています。
「計画」と「シミュレーション」は違うんだ!。こう伝わったらよいのですが・・・。

情報プレゼンター とくダネ!
↓↓↓
http://www.fujitv.co.jp/tokudane/index.html

取材に来ていただいたディレクターの方、技術の方、遠いところご苦労さまです。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 23:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
是非、その番組拝見したいですが、残念ながらこちらでは見ることができません。
資産とお顔を出してしまって大丈夫なのでしょうか?
特にご近所や知人などの対応が面倒くさそう・・・などといらぬ心配をしています。
大庭さんの意図がちゃんと伝わる放映内容だといいですね。

さて、「ペナンへの渡航は何時がベストか」ですが・・・。
大庭さんが来られた時期は一番混雑していた時期なんじゃないかと思います。

今年は明日がチャイニーズイヤー(旧正月の元旦)なので、年末の買出し、バーゲンの時期に重なっていました。(赤いドレスがやたら売っているのもそのためです。)
その上、1月24日はマホメットの誕生日(マレー系)、1月27日はタイプーサム(インド系)の最大のお祭りで国民の祭日でした。

特にタイプーサムは長い針串を頬や舌に貫通、体中に刺してトランス状態でお神輿を担いだり引っ張るという苦行をする奇祭で、あまりに危険なのでインド本土等では禁止になってマレーシアとシンガポールでしかやっていないらしく、マレーシア内外からインド系の方達が集合。ものすごい混雑です。
ご覧になられましたか?

その年によって旧暦やインド暦で祭日が変わるので
「マレーシア休日、休暇カレンダー」を検索されてからお出かけになるといいと思います。
スクールホリデーの時期も家族で旅行する方も多いのでホテルが混雑しますので要チェックですね。

あと、マレーシアの学校は午前と午後の二部制のところも多いらしく、お昼と夕方に保護者の送迎の車やバイク、スクールバスで一部混雑します。
朝夕の通勤の時間帯も。

でも、実際には私はバスに乗ったことがないので、バス路線がどの位混雑しているのか知りません。
ジョージタウン、プラウティクスのあたりには月に2,3度しか行きませんし。(普段は上記の時間帯以外、渋滞はありません)

それに、そもそも渋滞に巻き込まれないように、空港やゴルフに便利な島の南東のコンドを選びました。車があれば日常の買い物もジャスコ、テスコ、サンシャインが近くにあって便利な場所です。





Posted by rebecca at 2013年02月09日 14:27
rebeccaさん、

>資産とお顔を出してしまって・・・
面倒くさいことになったらペナンに逃げましょう!

>大庭さんが来られた時期は一番混雑していた・・・
>「マレーシア休日、休暇カレンダー」を検索
>スクールホリデーの時期も・・・ホテルが混雑・・・
なるほどですね!
次はそうしたいと思います。
タイプーサムのお祭りは、それがあることは知っていました。ジョージタウンでも体になにやらいっぱい飾りを着けて道路を歩いているインド人の人を見ました。でも針刺すとかは本国インドでしか見られないのかと思っていたら逆でしたか!
見てみたいとは思いましたが、あの混雑で、しかもちょっと街歩き疲れが出ていたので行きませんでした。今考えるとちょっと残念!

私達はタンジュンブンガが良さそうだなぁ、と今回の短期滞在でも思いましたが、空港から西の方は静かそうですね。
あまりホテルが見当たらないのですが。
Posted by 大庭夏男 at 2013年02月09日 15:08
>タンジュンブンガが良さそうだなぁ
そうですね。ビーチリゾートのバツフィリンギとシティのジョージタウンとの間にあって静かなのでいいですね。

>空港から西の方は静かそう
というか、島の西側は椰子の木やドリアンの林の道路沿いにぽつぽつとカンポン(田舎の村)があるだけのさみしい場所です。ペナンに来た当初すぐマイカーで島一周をしました。見晴らしのいいタイレストランがあって二度ほど出かけたことがあるだけです。

>あまりホテルが見当たらないのですが。
空港、クインズベイモール近くでは「エクリトリアル ペナン」。
南国情緒もあってゴルフ場に隣接しているので娘夫婦の友人達が来た時はここに泊まってもらっています。日本で国際免許(1年有効)を取って来て、空港でレンタカーを借りての滞在です。
Posted by rebecca at 2013年02月10日 12:53
rebeccaさん、

>というか、島の西側は・・・ぽつぽつとカンポン(田舎の村)があるだけの・・・
「夜に行ったらさぞかしさみしそうだろうなぁ」って感じが漂っていました。
昼に路線バスの車窓から眺めただけでしたが、妙に心惹かれる場所です。

ペナンでもらったfree mapにホテル エクリトリアルがなんとこのさみしい場所のバリプラウのすぐそばにあるように地図にあるのを見つけて「ホテルあるじゃないか!」と今日まで思っていました。
でもどうもそのfree mapが間違っているみたいで、もっと東にあるんですね。
やはり無料では限界があるらしいです。

タイ料理のお店はBukit Genting Restaurantでしょうか。これもfree mapに載っていました。レンタカーを使えると西側で便利そうですね。
Posted by 大庭夏男 at 2013年02月10日 17:40
>タイ料理のお店はBukit Genting Restaurantでしょうか。
そうそう、確かそんな名前でした!
脇道を入った山頂にあって、「道を間違ったんじゃないか。こんなところに本当にあるのかな」って不安にかられるような場所です。雨降ったりしたらちょっと心配な地道だし。途中、野生?の孔雀なんかがいてびっくり!
美味しかったですが、経営者が変わったとか聞いてからは行っていないのでどうなんでしょ。

>レンタカーを使えると西側で便利そうですね。
ゴルフをする場合はペナンブリッジを渡って半島側に行くので便利ですね。ゴルフバッグもあるし。
去年は皆で車でKLから2時間ほどの「ゲンティンハイランド」へ。「カジノ」があります。←お好きでしたら是非どうぞ。

観光や短期なら大庭さんのようにバスでの探索も魅力的ですが、なにしろ南国の強い日差しの中、生活するにはドアトゥドアの車は最強の味方です。重い食料品の買出し一つとってもバスと徒歩では暑くてヘトヘトになりそう。。

3月に帰国したら日本から4月に15泊17日でハワイ(ワイキキ)滞在の予定です。半月のうち一週間だけレンタカーを予約しました。日本の免許証でOKだそうですが、左ハンドル、右車線ですから夫の運転とはいえちょっと不安です。
(円安になる前に全て予約してあったので超ラッキー!でした)
Posted by rebecca at 2013年02月11日 15:47
rebeccaさん、

>なにしろ南国の強い日差しの中、生活するにはドアトゥドアの車は最強の味方です。
ロングステイを想像すると確かに車は必要だと思いました。
実際にTESCOで買い物してホテルまでバスで帰りましたが、日中の出歩きは熱中症になりそうでした。

>円安になる前に全て予約してあったので超ラッキー!でした
アメリカだと物価が日本に近いから円安デメリットは実感し易いでしょうね。
マレーシアでも計算するとそうなのですが、二度目のペナン旅行で、多少世渡り上手になってきたのか、食費や買い物は前回程度の出費で済みました。
Posted by 大庭夏男 at 2013年02月12日 00:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/319570073
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。