2013年02月06日

ペナン路線バス旅行は、マレーシアミドルステイ向き!?

テレビ東京などでときどき放送されている「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は楽しそうだ。見ていると実際にやってみたくなる。
おそらくあの旅の魅力は「迷いながら克服する」というゲーム要素満載だからだろうと思う。でも実際に日本でやろうとすると結構お金がかかる・・・計算してみるとそれが分かる。

私の自宅は最寄駅から6キロ離れていて、路線バスの乗車賃は230円かかる。これは1キロあたりの運賃を計算すると約38円。
東海道新幹線で東京から新大阪まで552.6キロを13850円で乗ることができるから1キロあたりの運賃は約25円だから、路線バスの運賃はけっこう高くつくのだ。

だからあのテレビと同じような旅を日本で実際にやろうとしたら、お金と時間がいっぱいかかる。
それをマレーシアのペナンに滞在旅行したときに、ペナンの路線バス「ラピッド ペナン」でやろうというのが、今回の旅行で「やっぱり面白いわ!」と実感できた収穫だった。

ペナンのバス運賃は日本の路線バスのだいたい4分の1程度の乗車賃だし、前回説明したトラベラーズ パスポートという7日間乗り放題のフリーチケットを約900円で買うこともできるから、ラピッド ペナンのバスが走っているところなら、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の疑似体験ができる。
特にペナンでこれをするメリットとして思ったのは・・・
1. 運賃が安い(上述のとおり)
2. 1社だけの路線であること。2社以上のバス会社を乗り継ぐのはテレビを見ていると日本でも難しいのに外国では事情が分からないからもっと難しいだろう。
3. 英語が通じること。ペナンのバス運転手は現地語の他に英語も通じる。もっとも発音がちょっと違ったりして困ることもあるけど、まったく現地語しか通じない世界よりかなりコミュニケーションがとれるから助かるし楽しい。
4. ペナン島内にはとりたてて危ないところは無いと思う。知らない場所にバスで着いてしまってもヤバいことは無さそうだ(と私は思っている)
5. 迷っても島。淡路島くらいの大きさのペナン島だから、自分が今どこらへんに居るのかが何となく分かる。バスも島の中を走っているだけだから、やたら遠くまで行ってしまうことがない。
6. 適当に乗り継ぎが分かり難くて、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を彷彿とさせるゲーム感覚の楽しさを味わうことができる。
こんな具合だから、次にペナンに行ったときも「ラピッド ペナン路線バス乗り継ぎの旅」をきっとするだろう。
今度は今回あまり足を踏み入れていない島の中央部から東南方面を集中して行ってみたい。
bus13020601.JPG

10日間ぐらいのショートステイではいわゆる観光旅行で行くところが無くなってしまい「こんなんじゃロングステイなんかとっても無理かなぁ」と意気消沈してしまいそうになるけど、少しでも楽しいことが見つかればロングステイも夢でなくなるかもしれない!

ラピッド ペナンのサイト(英語です)
↓↓↓
http://www.rapidpg.com.my/

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナン島 路線バスの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。