2012年06月14日

マレーシア ペナンでの路上観察

海外旅行は観光地を見るのもいいけど、ホテルのすぐ近くを毎日ブラブラと歩いているだけで面白いものがいっぱい発見できる。
それぞれは特に珍しくもなんともないかもしれないけど、日本では見られない、あるいは風習が違うことがいっぱいだ。

長くその地に居ると、やがてそれも見慣れてしまうのかもしれないけど、
その地に初めて旅行して、シュートステイしている間はけっこうこれで楽しめると思う。

マレーシア ペナン島のリゾートホテルが立ち並ぶ、タンジュンブンガの周辺を歩いて発見した、現地の人にはなんでもない風景とは・・・

タンジュンブンガは、ペナン島の北の方、
下の写真はバス停にあったもの。バスは5分に1本くらいは走っているようで、街まで行くのには便利な場所。
バスの運行はアバウトで、15分くらい来ないときもあったし、3台くらいが連なって来るときもある。
そうなると、後ろのバスが前のバスを追い抜かして走ったり、停留所をパスして行っちゃったり、日本のバスの運行とはちょっと違う。
tb12061401.JPG

タンジュンブンガの街の景色はこんな感じ。
リゾートホテルや別荘用なのか、大きなコンドミニアムがいくつも建っている。
tb12061402.JPG

海辺からすぐ山の手になっていて、山の手あたりには写真でも写っているようにオシャレな住宅街が立ち並んでいる。
ちょっと湘南海岸にも似た雰囲気だ。
夜になると、このようにオレンジ色の街灯が灯るので、エキゾチックな南国ムードになる。
tb12061403.JPG

メインストリートは交通量は多いけど、渋滞は無かった。
でも渋滞が無いから、車やバイクのスピードはやたら速く、時速100キロ出ているんじゃないかと思うようなのもいる。
道を歩いて渡るとき、いちいち信号や横断歩道に行かずに、そのまま様子見て突っ切るのがマレーシアのスタンダードみたいだから、私どももそうしていたけど、
遠くに見えても車やバイクは速いので、無理をしない方が命のために良さそうだ。

メインストリートからわき道に入ると、途端に田舎道のようにガラガラになる。
tb12061404.JPG

そういう道を夕方になってから散歩した。
ホテルから見えていたオシャレな住宅街はこんなふうになっている。
tb12061405.JPG

玄関に真っ赤な中華の提灯が下がっているのと、門やフェンスが厳重なところを除いて、割と日本の住宅街と似た雰囲気がある。
tb12061406.JPG

日本の住宅と似ているけど、いわゆるハウスメーカーの家みたいなものは一軒も無く、みんな注文建築のようだ。なんだか羨ましい。
この辺りを散歩していると、クアラルンプールではまったく見られなかった犬がいる。
tb12061407.JPG

犬はイスラム教では嫌われる動物らしく、以前のクアラルンプール滞在の時はガイドから「マレーシアには犬は居ませんよ」と教えられていたのだけど、ペナンにはこのように居る。
それに鎖でつながれているわけでもなく、道路にぺたんと寝ている。
首に鎖がついている犬は飼い犬で、そうでない野良犬もいるようだった。
イスラム教の人達はこれをどう見ているのか分からなかったけど、同じマレーシアでも所が変われば犬も居るようだ。

ネコもいた。
ネコはイスラム教でもかまわない動物らしい。ジョージタウンの街中にも居たし、ここにも居る。
日本のネコは顔も日本人顔しているみたいで、ここペナンのネコは、もっと面長でピンクパンサーみたいな顔をしている。
ペットは飼い主の顔に似てくるということがあるらしいけど、そうなのだろうか?
tb12061408.JPG

ペナンの歩道はクアラルンプールより、もっと人にやさしい。
このように車道から歩道への段差にはスロープがついている。こころなしかクアラルンプールより老人が多く見えるから、高齢者対策ができているのかもしれない。
クアラルンプールの歩道は段差が30センチあろうかと思うような個所もあったから、シニアはペナンの方が住み易そう。
tb12061409.JPG

でも歩道は完璧でない。
歩道を歩いていたら、しだいに幅が狭くなり、舗装もなくなって草ぼうぼうの隙間になってしまったところもあった。
とても車道は危なくて歩けないから、横になって隙間のような歩道?を歩いたのだが、地元の人はどうしているのだろう?
tb12061410.JPG

ペナンは海がキレイに見える。
このようにホテルのベランダからは、海を行く客船も見えたりして、とってもいい!
tb12061411.JPG

でも海岸まで行くと、海はそんなに青くないのが分かる。
もっと都会の海、という感じ。汚れていると言えば汚れているのかもしれない。
海に通じている川がこんな感じで、富栄養化しているから、きっと海にもプランクトンがたくさん生息して海をちょっと濁った感じにしているのだろう。
川は決してきれいな川ではなかったけど、覗いてみると小魚がたくさん泳いでいるのが見える。
尻尾の太さが5センチ以上あったか、と思うようなトカゲも住んでいるみたいだ。
自然がそこにある雰囲気がする。
tb12061412.JPG

散歩は市場に夜市がたつ日がいい。そういう所を見て情緒に浸れるし、ついでに晩御飯を買って帰れるからだ。
ステイヤーのみならず、地元の人も車で大挙して夜市に繰り出し、おかずを買って帰るみたいだ。
駐車場に入れない車は次々と路上駐車して夜市に買い物に向うようだけど、そんな路上駐車が取り締まられたり、誰かが文句を言ったりするような気配はまるでない。
みんな上手いこと生活している。
tb12061413.JPG

これは公園の横にある商店街。
コンビニが3件並んでいる。コンビニ激戦区のようだ。
海外旅行すると、こういうどこにでもある店に入るのも面白い。
日本の商品ではないものが売っているわけだから、何がどういう味なのかまったく分からないから、味を予想して買って、実際の味とのギャップを味わって楽しむのも面白い。
tb12061414.JPG

ここはクリーニングショップ。
こんなふうに洗濯物を天日干しするのが目新しくて、省エネで、いいと思う。
これなら電気代もかからないだろう。
マレーシアは原発が無いらしい。
夜の街もビルの中も日本に比べるとかなり薄暗い。慣れればこれでいいのだろう。
日本はなんであんなに明るいのが良いんだろう?
tb12061415.JPG

道を歩いていたら、消防車があった。
後ろにまわってみてみたら、日本の自動車販売ディーラーのステッカーが貼ってあった。
きっと中古車なんだろう。
この後、普通の民家から出てきたTシャツ姿の若者2人が、この消防車に乗り、パロライトを回してどこかに入って行った。火事だという雰囲気は無かったが・・・どういう用だったのだろうか・
tb12061416.JPG

クアラルンプールは自転車がまったく走っていなかったけど・・・というか危なくて走れそうになかったけど、ペナンではかなり自転車を見る。
ホテルにもレンタル自転車があったから、今度機会があったら使ってみようかと思う。
tb12061417.JPG

tb12061418.JPG


posted by Oniwa Natsuo at 17:27| Comment(12) | TrackBack(0) | ペナン島調査旅行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペナンで「車を持たずに街歩きを楽しむ」なら、ガーニープラザの近くに滞在するのが便利で一番いいと思います。海が臭うくらい汚れているのと多少の騒音と朝夕の渋滞が珠にきずですが。ガーニードライブの「バリハイ」で朝の飲茶を楽しめるし、ローカル食に飽きたら、ガーニープラザの隣のスタイリッシュなgホテル2階にある「味楽」の日本食がお勧めです。私達もゴルフをしない生活ならここを選んだかもしれませんね。

「南の島のビーチリゾートでの~んびり」ならバトゥフィリンギの海辺の滞在がいいでしょう。
「洋風なおしゃれなリゾート」を味わいたいなら、テスコの裏手にある「Straits Quey」という新しいヨットハーバーがあるショッピングモールで夜のバーでお楽しみもいいと思います。
それから、「クインズベイモール」には行かれましたか?ガーニープラザより新しくてもっと大きなショッピングモールです。(うちのコンドのすぐ近くで~す!)奥様がショッピングがお好きなら是非どうぞ。
でも、「ショッピング」と「近隣の国への旅行」をメインに考えるなら断然、クアラルンプールですね。ペナンからの直行便のある都市は限られています。
今回の私達のタイ、チェンマイの旅にしても、エアアジアで一旦クアラルンプールに行き、チェンマイ行きに乗り継いで行かなければなりません。乗り継ぎ便ではありませんから、預け荷物は自分で運ばなければならないし、乗り継ぎの時間配分を考えたり、場合によっては空港近くのホテルの手配も必要なので面倒です。
それでも、私達は毎日のリゾートな景色に魅せられてペナンのこのコンドがお気に入りです。リゾート感と便利な都会が程よくミックスした物価の安い場所というのは世界でも稀だと思っています。
Posted by rebecca at 2012年06月14日 19:29
今日から日曜日までKLです。
明朝、嫁さんがエア・アジアで到着なので、空港前のエア・アジア直営ホテルで一泊です。
Posted by 武田 at 2012年06月14日 22:21
rebeccaさん、

今回は短い期間のペナン滞在だったので、現地で知り得た場所はごく限られました。
>バトゥフィリンギの海辺
ここはバス一発で行けるのは分かっていましたが、足を延ばしませんでした。次は行ってみたいです。
>テスコの裏手にある「Straits Quey」
知りませんでした。妻がスパでマッサージ受けたのは多分この近辺だと思いますが。。
>クインズベイモール
次にペナンに行ったときは、是非ここに行こうと思います。

「次にペナン」というのは、多分来年後半だと思います。この冬はKL経由で、できればマラッカにも行ってみようと思います。
Posted by 大庭夏男 at 2012年06月15日 17:38
武田さん、

>空港前のエア・アジア直営ホテルで一泊・・・
そういうホテルが有るのは知りませんでした。
今年の冬に、今度はエア・アジアでKL入りとKL発するつもりなので、KL発の日には、この「エア・アジア直営ホテル」に泊まると便利かもしれませんね!

もしできたら、泊まり心地や、どうやって予約をしたのか、お教えいただけるとすごく助かります!!
Posted by 大庭夏男 at 2012年06月15日 17:43
ホテルの写真とか撮ってありますので、メールいただければ、直接送りますよ。
Posted by 武田 at 2012年06月16日 17:55
Posted by 武田 at 2012年06月17日 22:04
武田さん、

エア・アジア直営ホテルはTune hotelですか!
Tune hotelはまだ泊まったことはありませんが、マレーシアでいくつも見かけたので知っていました。
エアアジアの機体と雰囲気が似ていると思っていましたが、系列だとは思っていませんでした。
ありがとうございます。
Posted by 大庭夏男 at 2012年06月18日 13:36
東京からの到着便は早朝で、出発便は午後ですので、通常に東京から来て、帰る人はここに泊まる必要はないですね。
LCCTのTune Hotel部屋は非常に狭いです。セミダブルの回りは何とか歩けるスペースしか無いです。
タオルから、エアコンまでオプションで、12時間のエアコンとシャワーセットを付けて、約4,300円でした。
遅い時間に到着とか、早朝に出発する人以外は泊まる意味は無いと思います。
私は前日の夜に到着して、翌朝の羽田便で到着する嫁さんを迎えに来るために泊まっているだけですね。
Posted by 武田 at 2012年06月18日 14:47
LCCTのTune Hotelは夜中や早朝に乗り継ぎのために人の出入りが多くて騒がしくてゆっくり眠ることができません。
でも、私達は早朝の乗り継ぎ便の時は、いろいろな空港のベンチで夜を明かしたこともこれまでに何度かありますし問題ありません。

それに、来週から「イポー」へマイカーで旅行に行くのですが、理由はただ一つ。
数ヶ月前、イポーのTune Hotelが新しくできて「おお!キャンペーン価格一泊8リンギだ!」と夫が発見。それで6月、7月、11月と調子に乗って予約したからなんですよね。

ローコストで旅をする私達にはありがたいホテルですね。だいたい便利な場所にありますから。ホテルライフを楽しみたいときはそれなりのホテルにしたらいいですし、乗り継ぎや街歩きがメインならこのホテルも使い様があります。





Posted by rebecca at 2012年06月18日 16:25
武田さん、rebeccaさん、

LCCTのTune Hotelはどうもイマイチみたいな感じですね。
早朝発便なら、夜遅く空港入りして、そのまんま空港のベンチに居るのも手ですね。
Posted by 大庭夏男 at 2012年06月19日 15:05
空港での宿泊は色々と危険ですので、おやめになったほうが良いかと思います。LCCT空港、夜でも人は大勢いるのでそういう意味の危険性はありませんが、やはり、置き引きとかの危険性はあります。
多少、うるさくとも鍵のかかる部屋で休まれたほうが良いと思いますが。
Posted by 武田 at 2012年06月20日 18:00
武田さん、

はやり危ないですか!
空港のオープンスペースで居眠りすると、貴重品が身近に置いていることはミエミエかもですね。
ご忠告ありがとうございます。
Posted by 大庭夏男 at 2012年06月21日 00:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。