2012年02月16日

なにか有益情報を!と思って、大阪のマレーシア政府観光局事務所へ・・・

海外旅行初級者にとって、現地を旅行を上手にするための情報集めはキビシイ。
とくにマレーシア旅行は、その周辺国への旅行よりガイドブックは少ないみたい。
ネット情報はそれなりに検索するとヒットはするけど、サイトによって評価はバラバラ、なかなかイメージを掴み難い。

海外旅行初級者が手軽に、安く行くには旅行会社のパックツアーを使うのがよいと思うけど、今度の旅行は、できればエア・アジアとホテルを別々に手配して行ってみたい。
何かそれについての情報は得られないか、と大阪にあるマレーシア政府観光局事務所(http://www.tourismmalaysia.or.jp/ )に行ってみることにした。
ml12021601.JPG

地下鉄御堂筋線で、梅田駅から2つめの本町駅で降り、四つ橋筋を北に200メートルほどのところに、その事務所はあります。
ml12021602.JPG

大阪科学技術館の真横。コットンニッセイビルを入ってエレベーターで10階へ。
ml12021603.JPG

周囲はこんな道路の光景です。
ml12021604.JPG

事務所の入口はこんな具合。エレベーターのまん前にあります。
ml12021605.JPG

中は、いかにもマレーシアっぽい雰囲気のロビーがあり、いただける資料が置いてありました。
ml12021606.JPG

応対していただいたのは、昨年のマレーシアロングステイセミナーで現地で会った日本人の職員の人。
とりあえず、こんなことを聞きました。

Q: 1週間くらい連泊して快適に過ごせるホテルは?
A:クアラルンプールだったら一泊300リンギット(RM)くらいのホテルにしたらいいのでは・・・
それより安い一泊200RMくらいの中級ホテルやもっと格安のホテルもあるけど“それなり”の部屋になってしまいますよ。
ミカサホテル(http://www.micasahotel.com/ )は私はよく使いますよ。

Q: ホテルはどう予約したらいいですか?
A:残念ながらマレーシア政府観光局事務所は予約業務などはやっていないから、ご自分で予約するしかないです。
予約はホテルのホームページからできるところが多いから、私はいつもそうやって予約していますよ。

Q: マレーシア旅行に詳しい旅行代理店はないでしょうか?
A:ここです
↓↓
ウェンディーツアーという代理店(http://www.wendytour.com/ )。
ただしここは日本では代理店業務をやっていないから、現地の店にアクセスして手配してもらうスタイルです。

Q: 初歩的な質問ですが、ホテルとサービスアパートメントは何が違うの?
A:サービスアパートメントは、台所が付いていて部屋も二部屋くらいああるから広い。
ある程度長く泊まるならサービスアパートメントは割安になるけど、数日とか1週間だったらホテルの方が安くあがるんじゃないですか。

Q: マラッカに行きたいんだけど、どんな交通手段が一番いいですか?
A:タクシーで空港からマラッカ市街まで130RMくらいで行けたと思う。コレが一番いい方法だと思うけど。


Q: エアアジアって、どんな?
A:私は乗ったことは無いの。
他のスタッフが乗った感想は、割りと良かったと言っていました。でもクアラルンプール空港はエアアジアの空港ビルは別になるし、やっぱり空港ビルに居ることを考えるとマレーシア航空とかの方が快適だと思うけど。
ブログにもエアアジアのことをスタッフが書いていましたよ。

というので、スタッフブログ(http://blog-tourismmalaysia.jp/ )を見てみた。
左側やや下の方に記事検索があるから、そこに「エアアジア」と入れると、出てくる。
エアアジアの自動チェックイン機の説明などの解説もあった。


SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 16:44| Comment(16) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、KLに来ています。ホテルの予約はネットで直接ホテルに、もしくはホテル予約サイトですれば簡単だと思います。私はAsiatravel.comとかBooking.comをよく利用しますが複数チェックして安いところで決めてます。

来週KLからランカウイに行くのにはマレーシアエアラインのウェブサイトでパッケージ(エアチケット+ホテル)を予約しました。

KLCCモールの紀伊国屋はとても大きく充実していました。伊勢丹も市内に何件もあるし便利ですね。しかし地下鉄がなく、モノレールは小さい(女性車両がありました)駅がショッピングモールやメジャーなビルと直結していないし、4時ころから道路の渋滞がひどいですね。物価については上海とそれ程変わらない印象です。街に白人比率が低いと感じました。

今のところの印象ではミッドバレーのメガモール近辺に住んだら便利かな…と。
Posted by 初級自由人 at 2012年02月17日 23:45
初級自由人さん、

いいですねえ!KLに居るんですか!
多分暖かくて・・・というか暑いだろうと思いますが、こっち日本は今日は大雪で、私の住むところも今年初めて国道9号線までもが雪が積もりました。
マレーシアの、あの熱帯の匂いを思い出します。

来週のランカウイの様子も、できたらお教えいただけませんか?とても興味あります。
Posted by 大庭夏男 at 2012年02月18日 09:22
KLに来て2週間目ですが夫婦そろって2回程お腹こわしました。たまたま運が悪かったのかもしれません。先日行ったジャラン・アローの「明記」は美味しかったです。近くにあるマッサージ屋「良心」でマッサージをしてくれた中国人の方に美味しい店はどこか聞いたら教えてくれました。ここのマッサージは上手でした、値段は上海の約2倍ほどでしたが。

KLで夫婦一ヶ月の生活費は実際はどれくらいなのか気になります。どこかのサイトでは5000リンギットと書かれていたのですが、ミッドバレーのNorthPointというコンドは一ヶ月の家賃だけで同じくらいしていたようなので…。
Posted by 初級自由人 at 2012年02月21日 11:36
羨ましいですね。
ジャラン・アローは行かなかった(知らなかった)のですよ。
今年KLに行ったら訪れようと思っています。
明記はお店の名前ですか?

生活費は私も大体5000リンギくらいに聞いたと思いますが、コンドはもっと安い話していました。契約期間にもよると思うのですが・・・

Posted by 大庭夏男 at 2012年02月21日 21:15
大庭さん、初級自由人さん

「KLで夫婦一ヶ月の生活費はどれくらいなのか?」
 これは「東京では?」とか「上海では?」に置き換えて考えてみるとわかると思いますが、答えようがないと思います。
 どんな生活スタイルを望んでいるのかによって全然違ってくるからです。

 私達は日本人の方との交流がないので、ブログでのごくわずかな情報しかわかりませんが、MM2Hで滞在されている方の多くは1500~2500リンギットのコンドにお住まいの方が多いように思います。

 それ以外の生活費についてはほとんどの方が公開されておられないので想像をするしかないですが、夫婦で年金二十万円以上(あるいは将来の見込み額)の方がその範囲内、あるいはプラスアルファーで日本にいるよりコストパフォーマンスがいい点を享受しておられるのではないかと思います。
 日本で生活が苦しいからというのではなく、税金対策、高金利、外貨や不動産の投資、低物価を利用されている方が多いのではないでしょうか。
 
 もちろん、現地に密着した生活でコストを下げて生活することも可能です。

 私達も3年前には、上海に次ぐ中国の大都市で家賃5万円は会社持ちでしたので、生活費月3万円!で2年間生活した経験があります。
 たぶん、初級自由人さんの上海生活からは想像できないでしょうね?(ちょっとセレブな海外駐在の経験もあるのでわかります。)
 車はなし、ゴルフなし、お手伝いさんはもちろんなし、1DK、シャワーは便器の真上、ゴキブリ数百匹(笑)です。
 夫の給料が月6万円+私のアルバイト月2万円の計8万円から月4、5万円を貯金して二年間で100万円を貯金!
 マレーシアでも物価から考えると十分可能だと思いますが、年老いてからそんな生活やってみたい人はごく稀でしょうね。

 あっ、ちなみにその100万円はその間の日本の家の固定資産税、車、保険等を維持するためにきれいに消えました。
 日本の家を残しての生活の場合は、固定費と帰国費用がプラスされますので、生活費はかなりかかりますね。初期費用も必要ですし。

 節約の目的だけのぎりぎりの生活を海外でするくらいなら、日本に居て節約生活をしたほうがいいと思います。清潔で、安くて美味しい日本食、サービスがよくて、四季があり、温泉があり、言葉が通じて、物事がスムーズに進むすばらしい国です。
 
 
 
 
 

Posted by rebecca at 2012年02月22日 17:09
訂正です。
中国でのお家賃は5万円→2.5万円です。
Posted by rebecca at 2012年02月22日 17:46
rebeccaさん、

こんにちは。
>「KLで夫婦一ヶ月の生活費はどれくらいなのか?」・・・答えようがないと思います。
ごもっとも!どんな生活をするかによるのは確かです。

こんな前提だとKLと日本ではどうでしょうねぇ?
例えば、夫婦二人が日本の小さな持ち家で年間生活費250万円で暮らす場合。これは日本でゆとりの無い老後生活するぐらいの費用らしいです。
これだと多分税金と保険料などに年間40万円くらい消えるので、残り210万円、月17万円で夫婦二人の衣食住。食事は自炊ならそんなに質素でないけど、これじゃあたまに国内旅行に行けるぐらいかも。

一方、日本の家はそのまま置いて、だから40万円は日本で税・保険を払い、月17万円(6000RMくらい)でマレーシアに2500RMのコンドを借りて、残りの3500RMで1ヵ月を暮らす。
夫婦二人が控えめな食事と衣服、日用品の買い物をするとしたら、レジャーにまわせるお金って、どの程度(例えば毎月一泊二日のマレーシア国内旅行くらいは行けるとか)出てくるでしょうか?
Posted by 大庭夏男 at 2012年02月23日 10:13
rebeccaさん、コメントありがとうございます。

やはり現地に密着した生活度があがる程コストは低く抑えられるという方式なのですね。マレーシアは安いという情報ばかりが多く出回っているように感じたので、実際KLに来てみてそれ程安くはないなと。もちろん、どのような生活スタイルを望んでいるかで幅に開きがあることは理解していますが、ミッドバレーの私が気になったコンドはモールのまん前にあるし、おそらく高級コンドの類なのでそのような値段なのだろうとは思いました。それにしても上海で生活費3万円は神業レベルです!不可能ではないとは思いますが2年間やりとげたことに御見それいたします。

<節約の目的だけのぎりぎりの生活を海外でするくらいなら、日本に居て節約生活をしたほうがいいと思います。清潔で、安くて美味しい日本食、サービスがよくて、四季があり、温泉があり、言葉が通じて、物事がスムーズに進むすばらしい国です。>

マレーシアの生活費について検索していて、この方の意見が私が得た感触に近かった感じです。

http://dabo.dtiblog.com/blog-entry-566.html

そしてこの方もrebeccaさんがおっしゃているように金銭的に安く済ませたいのであれば日本の地方に行った方が正解であろうと書かれています。私はずっと海外ですので日本に住むことはないのですが、妙に納得いたしました。

得た情報を現地に来て自分の得た感触と照らし合わせてみることによりぼやけていたものがよりクリヤーになってきた感じです。

大庭さん、ジャラン・アローの真ん中くらいにある「明記焼魚美味店」というレストランです。名前のとおり焼き魚が美味しかったです。メニューは写真付きなのでオーダーも問題ないです。2人でビール大瓶1本、焼き魚、野菜、スペアリブ、カラマリ頼んで87リンギット程でした。
Posted by 初級自由人 at 2012年02月23日 10:40
あ、上海でなく上海に次ぐ大都市ですね、失礼いたしました。
Posted by 初級自由人 at 2012年02月23日 10:44
明記焼魚美味店!!
いい名前の店ですね!
次にKL行ったら必ず立ち寄ることにいたします。
Posted by 大庭夏男 at 2012年02月23日 14:13
大庭さん、初級自由人さん

「年間250万で日本に家を持ってマレーシアでどれくらいレジャーが費にまわせるか?」ですが、これには的確に答えられそうにありません。ごめんなさい。
 言い換えれば「月21万で日本でゆとりのない(?)生活の夫婦が更にマレーシアにもコンドを借りることで、ゆとりのある生活に変わるのか?」ということですよね・・・。う~ん、難しい!

 以前も書きましたが、私達は家計簿などつけたこともありませんし、一ヶ月の予算を決めて生活をしたこともありません。(かといって、もちろん収入を超える生活をしたことはありませんが)

 中国で生活したときは、「現地採用のボランティアのような収入で現地に溶け込んだローカルな生活がしてみたい」というのが目的であって、「月3万円で暮らそう」などと計画して生活したわけではありません。(実は足りないかもと思って100万円を持って出かけたくらいです)でも二年後に計算してみたら足らないどころか更に100万円余って生活費は月3万円だった!ということが判ったということです。

 今、マレーシアで生活しているわけですが、やはり「ひと月いくらで暮らそう、年間いくらで暮らそう」ということでではなくて、
「暖かい(暑い)国でリゾートな気分を味わいながら、ゴルフや旅行を楽しみ、いい季節には日本の美味しいものや温泉を楽しみ時間に縛られない自由な生活がしたい」というのが目的です。
 そしてそれをいかに低コストで実現できるかを考えて生活しているだけです。
 
 というわけで、お蔭様で(笑)今、計算してみたら3年間で約1000万円弱を使ったことが判明しました!年間330万程(月28万)ということですね。※車の購入代は入っていません。
 参考になるようでしたら具体的な生活スタイル、レジャースタイルを公開いたしますよ~。
 お尋ねの月21万より7万多い私達の生活スタイルから、想像することが出来るかもしれませんね。

 でも、何をゆとりや豊かさと感じるかは人それぞれです。
 生活の便利な場所に住むことが最優先であれば、5000リンギットのコンドミに住むのもいいですよね~。

 
  
 


 
 


 
 
Posted by rebecca at 2012年02月24日 19:06
rebeccaさん、

ご丁寧に教えていただきありがとうございます。
今まで分からなかったマレーシア生活のイメージがだいぶ濃く分かるようになってきました。

マレーシアは年中暖かい、というのが実に大きなメリットですね。今年の日本の寒さは堪えました。
冬の暖房費だけで8万円くらいかかっています。
おまけに体調も悪くなりがちだし、花粉症も出るし・・・
ロングステイセミナーで「健康上の利点が・・・」と説明していましたが、以前はそんな理由で南国に注目とは考えたこともありませんでしたが、今はよく分かります。
Posted by 大庭夏男 at 2012年02月25日 13:26
rebeccaさんは南国ライフやご自身が好きなことを楽しんでマレーシアライフを送られていることが伝わってきます。自由に生きる、というところに焦点をあてていらっしゃる(もちろん予算内で)ところは私たちの場合も(今のところ)同じかもしれません。毎月の生活費ですが、私たちの上海ライフもたぶん同じくらいなので、やはりマレーシアと物価は大差ないように感じます。

大庭さん、ランカウイはよかったですよ。ビーチとジャングルが一緒に楽しめるところ、動物が身近に見れたり楽しめました。どこに滞在するかによって旅のスタイルが分かれるかと思いますが街から離れたところにあるホテルの場合ならどこへも行かずビーチでまったりという感じでしょうか。たまたまなのか、宿泊したホテルはヨーロッパのシニアと家族連れが多かったのですが(95%くらい)…ユーロ危機の真っ最中といえど人々の実生活に影響がでるのはまだなのか、持っている人には関係ないのか…少々気になりました。
Posted by 初級自由人 at 2012年03月04日 01:33
初級自由人さん、

ランカウイはまったりできそうですね。
コメントを読むと目に様子が想像できます。ガイドブックを読むと、ランカウイはお買い物天国みたいなことが書いてありましたが、そうでしたか?
料理などはどうだったでしょう。KLとは何か違いましたか?

私どもはGWを過ぎてから、マラッカかペナンに行くつもりですが、どうも日程の都合上、ペナンにするかもです。
Posted by 大庭夏男 at 2012年03月04日 15:42
ランカウイは免税区らしくビールなど安いようですがお買い物天国かどうかはウーン…という感じです。(何を以っていうかによりますが)所詮島ですから自然以外のものには期待しない方が無難かと。クアという街に行きましたが寂れたモール以外何もありませんでした。しかしビーチとジャングルの自然は本当にすばらしかったです。引き潮の日にホテル前のアンダマン海でサンゴ礁やナマコ等見たり、そこにサルが現れたりと。ジャングルではオオトカゲにも遭遇しました。KLとは何が違うかといえばこの自然でしょう。アンダマン海に沈む夕日を見ながら…空の色が次第に変わってすばらしい景色の変化を楽しみながらのんびりと冷えたビールを飲む…これが最高でした。

食についてはKLでも感じたのですが、あまり美味しいものにめぐり合えませんでした。安い食べ物はありますが、グルメではないように感じます。(もちろん個人差がありますから、「私たちにとっては」ということです)KLで2箇所のディンタイフォンに行きましたが上海とは比較にならない味でしたし…(麺自体が違う)。もしかしたら初日から生牡蠣でお腹を壊したので食に対するイメージがネガティブになっていた(笑)のかもしれませんが、ブキビンタンで3度ネズミの死体に遭遇したのも精神的に影響していたのかも。唯一えびは美味しかったです。

初めてのKLだったので、きっと美味しいレストランや食べ物がどこにあるのかわからなかった可能性も大ですが。何か美味しい!というものがあったら教えていただきたいです。私たちはKLより島の方が楽しかったです。大庭さんのペナンの感想を期待しています。
Posted by 初級自由人 at 2012年03月07日 14:00
初級自由人さん、

そうですか、ランカウェイは動物がすぐ近くで見られるなんて面白そうですね。
KLではホテルの庭にリスが居たくらいで、私は大喜びしましたから、ナマコやオオトカゲが普通に見られるのはさぞかしエキサイティングですね。

ディンタイフォンは私もKLで訪れましたが、そうですか、やっぱり本場の上海なんですねぇ。そのうち上海も行きたいと思います。

本日5月GW明けにペナン行きの契約をしてきました。
Posted by 大庭夏男 at 2012年03月08日 23:29
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。