2012年01月08日

クアラルンプールへの旅行代金

クアラルンプールのロングステイは、はたして可能なのかどうなのか?
それを調査するために行った、2011年12月のマレーシア現地のロングステイセミナーツアーにかかった費用を決算したので、参考になるかと記録して残すことにした。

結果、夫婦二人で全部で約30万円かかったのだが、本来の目的外のショッピングや現地観光ツアー費用などが含まれている。
これを除けば、約25万円かかった、ということになる。

その内訳は・・・

1.基本ツアー代金   220000円
H.I.S.のツアーで、マレーシアロングステイに対応しているものをチョイス。
セミナー自体は1日で済むから、残り6日は現地にステイしてみる“体験”ということになる。
他の旅行社でも似たり寄ったりの料金ながら、多少高い安いがあるようだった。ちなみにH.I.S.の企画ツアーは燃油サーチャージ込みでだったので、決めた。

最初は「高いのかな?」とも思ったが、マレーシア航空の直行便で、泊まるホテルは三ツ星級。現地スタッフが空港とホテル間、ホテルからセミナー会場までの送迎をしてくれた。

帰って「もっと安い選択肢は・・・」とネットをググってみたら、
LCCのエアアジア料金に、同ホテルを組み合わせたら1割くらい安くなるけど、それだと送迎なしになるから、ほぼ満足な代金だったと言える。

2.国内交通費  8480円
関空までJR西日本の特急はるかに乗った。早朝に向かったのでこれしか良い選択がなかった。

3.関西空港利用料  5300円
昔は空港の自動販売機で買ったように思ったが、今はeチケットに入っているから旅行社に払った。

4.マレーシア出入国税など 3320円
まあ、こんなもの。

5.海外旅行保険  0円
クレジットカードを調べたら、海外旅行保険が付いていたので、連絡先電話番号とURLを控えておいた。だから新たに保険には入らなかった。

6.オプショナルツアーその1  4000円
ロングステイセミナー自体はタダなのだが、希望者はその後に市内ツアーに行く。これがジャランジャランツアー。
電車とモノレールに乗ったが、それはツアー料金に入っていない。
更に現地解散だったから、ホテルまでも自分でタクシーに乗って帰った。

7.オプショナルツアーその2  17000円
セランゴール川のホタル鑑賞というH.I.S.クアラルンプール支店がやっているツアーに行った。
目的はこの訪馬中唯一の観光地を観光するため。
夕食付きだった。

現地の旅行代理店を探せばもっと安いツアーはあるとは思ったが・・・なんだかそうする気にもなれずに着いた日に空港に迎えに来てくれたH.I.S.現地スタッフの人に、車の中で申し込んだ。
その現地スタッフはただちに電話で注文を入れ、30分後には車の中で予約が完了した。早かった!

8.食費  9500円
これが夫婦二人で、7日間のマレーシア旅行で払った食費全部の額。
この中には私はホテルで飲むために関空で買ったウイスキー代も入っている。
朝食はホテル代金に入っているから、主にランチと夕食。
自炊はしなかったから、大半がフードコートで外食。その他にコーヒー飲んでケーキ食べたり、フレッシュジュース飲んだり、買い食いしたり・・・
それで1万円しなかったのだから、マレーシアの物価の安さを痛感した。

9.移動費(タクシー、モノレール、電車)  2230円
これも安い!

10.ショッピング  24700円
服は4着、靴は3足、その他のいわゆるお土産や、薬屋さんでサプリかったりして、これだけになった。妻はまだ買いたいようだったが・・・。


posted by Oniwa Natsuo at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | マレーシアに行くために | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしい!
全部金額を控えてたんですか(@_@;)

私も最初そうしてましたが途中から控えるの忘れてしまい・・・トホホです・・
5つ星ホテルでしたが、そこの屋上のバーが超景色が良くてで毎日飲んだくれてばかりで殆んど飲み代に消えてます・・・
超情けない・・・







Posted by ななし at 2012年01月08日 21:55
>全部金額を控えてた・・・
私の性格上の特性というか、会社員時代には「オマエのやることはちっちゃいことばかりだな・・・」と褒められ?ました。だけど数字は必ずしも正確じゃないんですよ。だから会社員時代には「オマエのやることは雑だな」と、よく褒められ?ました。

>毎日飲んだくれて・・・
5つ星だとバーがあるんですね!
私の泊まったところにはありませんでした。景色もヨソのアパートが見えるだけだったし、バスタブの栓も調子悪くて、自分で直したもんねー。

3つ星は「並の下」くらいかも。
居心地は良かったですけど・・・

Posted by 大庭夏男 at 2012年01月09日 14:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。