2011年12月29日

マレーシアに、例えば1ヶ月滞在するにはいくら必要か・・・

1ヵ月間、あるいは3ヶ月間マレーシア クアラルンプール(KL)に滞在することは、ロングステイのように“家計の節約効果”を期待することは事実上できないと思う。
いくらマレーシアの食品や光熱、交通費が安くても、宿泊するためのホテルまたはサービスアパートメントの値段がロングステイに比べて高くなるからだ。
さらに、日本との往復の航空運賃も無視できない。

しかし、“総合的に安く海外旅行をする”という要求には応えられるのではないかと思い、参考までにそのシミュレーションもしてみることにした。
ただし、今回のKL滞在だけでは、ホテル、サービスアパートメントの賢い選択ができるまでの情報を得ることはできなかった。
なので、もっと良いセレクションがあるかもしれないが、今回の経験の範囲内でまとめて記録しておくことにした。

マレーシア滞在によって新規に必要な費用は・・・

1.滞在中の宿泊費
ある程度長く、例えばクアラルンプール(KL)一箇所に滞在するのなら、ホテルよりサービスアパートメントが断然経済的。
サービスアパートメントは家具や食器など生活に必要な備品と施設があるホテル並みに快適なレンタルルームのこと。

ロングステイセミナーで紹介されたKLのサービスアパートメントは、写真のような部屋で一泊一室9300円だという。
short11122901.JPG
部屋毎の料金設定になっているところが一般のようで、二人で泊まれば一ヶ月30日間利用すると27万9千円。

ちなみに今回のロングステイセミナーで、私ども夫婦が泊まったところは、サービスアパートメントではなく、三ツ星の長期滞在型のホテルだった。
short11122902.JPG

ミニキッチンが付いていて、朝食だけがカフェで提供される内容で、正規料金は一泊一人9500円。
short11122903.JPG

だから、セミナーで紹介されたサービスアパートメントを選択していたならば、宿泊コストは約半分で済んだことになる。
サービスアパートメントも長期滞在になるほど1泊あたりの宿泊費が安くなる料金設定であることもあり、3ヶ月滞在なら1ヵ月滞在の3倍はかからないらしい。

2.マレーシア国内での食費と、生活に必要な品物の購入費
定住ではない、滞在の場合は外食が多くなり、自炊に比べて食費は多いと思う。
1ヵ月自炊すると、マレーシアでは日本の食費の半分程度になるだろう、と前回のロングステイノケースでシミュレーションしたが、その費用は月3万円ちょっと。外食中心でもフードコートで食事することを多用したら、おそらく月に4万円あったら二人で十分ではなかろうか。

3.マレーシアでの光熱費など
もしかしたら、光熱、水、インターネットなどはサービスアパートメントの料金に含まれているかもしれない(今回はそこまで確かめられなかったが、その可能性は大きい)
含まれていないとしても、日本のコストの3分の1程度だから、家電も少ないので、おそらく5千円程度。

4.マレーシア国内での移動のための交通費
マレーシア旅行を、もし日本語が通じるガイド付きのパッケージツアーで注文したら、大体日本の旅行会社で日本国内旅行を注文したくらいのお値段がかかりそうだ。
ちなみに、今回はマレーシアのホタルを見に、午後4時から10時まで夕食付きのツアーに申し込んだが、夫婦二人で1万8千円ほどかかった。

これを自分でバスを探して自力で行くことにしたら、すごく安く済む。
例えばKLからペナンに行くバスは、高級なものでも片道58リンギットとある。日本円にして1450円。夫婦二人でもしペナンにバスで日帰りするなら、6千円程度で済んでしまう。
こんな旅行を月に5回くらいしたとして、3万円。

KL市内の移動は、路線バスを使えば片道1リンギット程度。25円だから毎日二人で2往復したとしても月に6千円で済む。
自力でバスを使った旅行をすればかなり精力的に動き回っても月に4万円程度。普通は2万円くらいあれば十分だと思われる。

5.ショッピング費用
滞在中に着る服や靴、日本に持って帰る“おみやげ”を買う費用。これは滞在が1週間でも3ヶ月でも、滞在終了とともに日本に運ぶか捨てなければならないから、そう多くはならないだろう。
ちなみに、今回1週間KLに滞在して使ったショッピング費用は、4万円程度。
1ヵ月滞在してもこのレベルだろう。

6.日本との行き帰り航空機費用
エア アジア(http://www.airasia.com/jp/ja/home.page )を使うべきだと思う。
今回はH.I.S.のパッケージで行ったので、エア アジアは使わなかったが、エア アジアのキャンペーン価格では関空、クアラルンプール間が一人1万円だから、うまく日を選べば夫婦で往復4万円で済む。


反対に、マレーシア滞在中に必要なくなる費用は・・・
7.日本国内での食費と生活に必要な品物の購入費
日本での夫婦二人の1ヵ月平均の食費は7万2千円程度という。これが必要なくなる。
被服と履き物の購入費用7千円も無くなる。

8.日本での光熱費、ガソリン代など
7.と同様に日本での夫婦二人の1ヵ月平均の光熱費は約2万円。
これは完全には無くならない。なぜならロングステイのように、日本での契約を解除して移住したりしないから、基本料金だけはかかる。なので、5千円程度は不在の日本で費用が発生するだろう。
そのほかに旅行中に車を使わないから交通・通信費が2万7千円の内2万円くらいが浮くだろう。

差し引きすると・・・
マレーシア滞在でレジャーやショッピングも含めた費用の合計は42万4千円。
マレーシア旅行中、不在の日本で不要になる費用の合計は11万4千円。
この差額の31万円で夫婦二人が割と優雅にマレーシアに1ヵ月滞在できる可能性が高い。

さらに2ヶ月、3ヶ月では、サービスアパートメントの料金が割引されるし、航空機の利用も全部で1往復だけだ。
仮説だが、もし3ヶ月滞在という条件で一泊一室3千円で部屋が借りられたとしたら、3ヶ月日本での費用削減額を差し引くと、やはり30万円程度でマレーシアに3ヶ月暮らせる、と計算結果がでてくる。

今回の私どもが行ったH.I.Sパッケージでは、観光やショッピングも含めて全部で約27万円かかり、日本で不在した間の食費、光熱費は1万5千円程度が不要となった。

こうしてみると、どうも短期の滞在では「マレーシアでの滞在は夫婦二人で約30万円」というマジックナンバーが見えてくる。
このマジックナンバーは当たりかハズレかは分からないが、
エア アジアなどのLCCの活用と、快適で割安なサービスアパートメントの発掘が決め手になりそうだ。

来年またマレーシアに行く予定だが、その機会には是非「快適で割安なKL滞在方法」を発掘してきたい。



posted by Oniwa Natsuo at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | いくらで住める?マレーシア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。