2013年01月22日

ペナン空港発のラピッドペナンバス、タンジュンブンガ方面行き最終バス

タイ国際航空でペナン入りすると、夜の10時30分にペナン空港着になってしまう場合がある。タイ国際航空のバンコク発ペナン行きが夜の8時近くになってしまうからだ。
あいにくペナン国際空港は島の南のはずれにあるので、そこからリゾートホテルが集結するジョージタウン、タンジュンブンガ、バトゥフェリンギ方面に行くためには手間とお金がかかってしまう。

今回は公共交通機関であるラピッドペナンの102系統が11時15分にペナン国際空港前から発車することを調べたので、バスでホテルのある島の南のタンジュンブンガへ移動することにした。
rp13011901.JPG

このバスは、まさにタイ国際航空のTG425便にあつらえたような発車時刻で、入国手続きや税関検査を終えた頃、ちょうどいい頃合に発車するようになっている。
きっとそんな便利な発車時刻なもんだから、さぞかし旅行客で混むだろうと思ったら、空港からバスに乗ったのはなんと私ども夫婦の二人だけ!

バスは私たち二人を乗せると、道路を快調に走り出し、途中のバス停にもほとんど止まらず、わずか2グループ5人の他の乗客を乗降させただけで目的地のホテル近くまで走ってきた。
しかしそうは言っても乗車時間は実に1時間15分。
さっき乗ったタイ国際航空のバンコク発ペナン行きが1時間25分だっかから、それに匹敵する時間をかけて空港からホテルまではるばるやって来た。
「だから他の旅行客が乗らなかったんだ!」と思ったが、なにしろ乗車賃は二人で200円ぐらいしかかかなないからスゴイお得!

バスを待っている間に、白タク業者と思われるおっさんが「どこまで行くの?」「え、タンジュンブンガだって!」「そんなところまで行くバスはもう終わっちゃったよ」「オレが60リンギ(約1800円)で送って行ってあげるよ。乗りなよ」と言ってきたけど、こっちはどうしてもバスに乗りたかったから断った。

おかげでホテルに着いたのは午前様の12時半。
入り口で警備員の人から「え!バスなんかで来たんかい!ヒエー!」なんて・・・歓迎された。

このバス、なかなか使えます。
不便なのは、写真のように車内の照明を消しているから、乗るときに払う紙幣がよく区別できないこと。
運転手はさすがに慣れているらしく、真っ暗でも「これと、これが二枚だ・・・」などと紙幣をピックアップして取ってくれた。
rp13011902.JPG

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 09:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

バンコク空港乗り換えのペナン行き

今回のマレーシア ペナン島行きは、タイ国際航空でバンコク乗り継ぎとした。
バンコクの空港で実に5時間の乗り継ぎ時間ロスが出ることは分かっていたけど、帰路でバンコクにも一泊することになったから、往復をタイ国際航空とした方が安かったので、往路はかなり時間非効率な乗り換え付きのペナン入りとなってしまった。

関西空港から、今となってはめっきり便数の減ってしまったボーイング747ノジャンボジェット機でバンコクに向かった。
bk131901.JPG

bk131902.JPG

機内はほぼ満席
日本人乗客が多数を占めていたようだった。
正月連休が一段落した頃だから、日本人乗客はあまり登場していないのかと思ったのに意外だった。
ビジネスマンよりどう見てもレジャー目的の感じがする乗客が多かったように思う。

その他に何の変哲もない機内風景だったけど、ひとつだけ妙に興味を引くことがあった。
機内のキャビンンアテンダント。
搭乗したタイ国際航空バンコク行きには、かなり潤沢な人数のキャビンアテンダントが乗っていた。
男性と女性のキャビンアテンダントがほぼ半数づつ。
その中に、かなり美形で鼻筋シッカリ通った女性アテンダントが居たのだけど、ほかの女性アテンダントに比べて、この人かなり個性的。
ガッチリした肩幅、厚い胸板、ニヒルな表情をたくわえ、歩く様子ものっしのっし、という感じだったから、女性というより、東京は築地あたりのすし屋の若旦那みたい。粋でいなせなオーラを辺り一面に振り撒いていた。
『もしかしたら、この方はタイで人生の鞍替えした、元男性出身者なんか???』と思いながら観察していたのだが、最後までその証拠は掴めなかった。
もし仮に彼女が男性出身だったら、女性客室乗務員として航空会社に採用されることって、あり得るのだろうか?どう考えても、それはあり得るだろう。
もしかしたら、そんな潜在する一例にお目にかかったのかもしれない。

タイのスワンナプーム国際空港はかなりドデカイ。
しかしここで5時間も乗り継ぎ待ちをするのは退屈だった。
bk131903.JPG

退屈な理由は、レストランやカフェがどこも関空並みに値段が高いこと。だからあまりあっちこっちの店に入る気がしない。
しかしなにしろ乗り継ぎに5時間あるものだから、タイ料理を食べたのだけど、分かっちゃいたけど支払いは日本円に換算すると二人で3千円を超えるようになってしまった。
夕食はきっと次のペナン行き便内でも出るだろうから、軽い食事でトムヤンクンなんかを頼んだのだけど、やっぱり空港内はどこでもこう高いのだろうか。バンコク市内で食べたらきっとこの半分か3分の1であろうに・・・そう考えたら何だかガックリしてきた。

意気消沈して空港内の売店を見て歩いていたらこんな妙なモノが目に入った。
bk131904.JPG

bk131905.JPG

bk131906.JPG

これはタバコのお土産なのだけど、劇的にグロテスクな写真が箱にプリントされている。
口が溶けたように炎症を起こした写真に、気管切開したのだろうか、喉にパックリ丸い穴を明けた人の写真。
タバコは健康に悪いというPRだと思うけど、まずわが国日本ではこんな過激なPRは採用しなだろう。極めて面白いアイデアと実践力だと関心した。
しかし売店を覗いていたのはガムを買いたかったからなのだけど、タイの空港にはガムがただのひとつも売られていない!?
これもいったいなぜだろう?
タイではガムは噛まないのだろうか?
bk131907.JPGbk131908.JPG
タグ:ペナン旅行

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

「関空アクセス切符」とかに助けられて・・・

明日からマレーシアに、また行くことにしました。
前回は2012年の5月に行き、そのときのマレーシア通貨為替レートは1リンギット=25円ぐらい。
ところが今回は政権交代があったため、1リンギット=30円に迫る勢い。
実に2割も円の価値が下がってしまい、この先どうなるかは分からないものの「タイミング悪いなぁ」という事態になってしまった。
航空チケットは昨年の11月に買っていたからまだ円高時代にゲットしたから円安の洗礼は受けなかった。
しかしホテル代は現地で支払うから現地で両替をしなければならない。

でも捨てる神あれば拾う神もあるもので、「関空アクセスきっぷ」というのを偶然見つけた。
acc13011801.JPG

普段なら1550円かかる電車賃が1200円で済むし、南海電鉄のラピートには300円で乗れるから夫婦2人での往復には2200円安くなる。
こんな切符が今年の3月末まで関西エリアで売られている。
acc13011802.JPG

2200円あったらマレーシアで何ができるだろうか?
1リンギット=35円でもし両替できたら、2200円は63リンギット程度になる。
前回はインド料理のレストランで2人が夕食したら、ビールも飲んで25リンギットぐらいだったから、2日分の夕食のお金は浮きそうだ。
ワゴンセールで売っているTシャツなら2着は買えるだろう。
ペナン島で一週間バスが乗り放題になる「ツーリストパスポート」は30リンギットだそうだから、2人分がまるまる買える。

そう考えると、2200円でも結構助けられるかもしれない。

こんなお得情報を探し続けている私なのだが、不覚にも今回そんなお得切符があることに気がつかなかった。
見つけたのは私の妻。電車の中の広告を目ざとく見つけたらしい。
こんな“目の前にぶら下がっている得”を見つけるのが妻は得意だ。
きっと日頃の買い物でトレーニングを積んでいるためなのだろう。

関西圏内の関空にまつわる「アクセスきっぷ」シリーズ
↓↓↓
http://www.nankai.co.jp/traffic/otoku/kankuspecial/index.html

http://rail.hankyu.co.jp/otoku/

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。