2012年05月31日

ペナンにある日本語OK私立病院を見学しました

マレーシア ペナンにある日本語通訳が常駐する病院の見学をしました。

この見学は、H.I.S.のオプショナルツアーにあるロングステイ下見ツアー(正確な名称は、「ペナン島生活アドバイスツアー」)のコースに入っていたもの。
この病院見学の前に、以下のような話しを聞かされていました。
1.見学する病院はマレーシアの私立病院としてはごくありふれた病院で、特別に豪華な病院ではないこと。
2.マレーシアの病院は州立病院と私立病院があり、私立病院は利益を追求する会社となっている。

向った病院はペナンのジョージタウンにある「ローガンライ スペシャリスト センター」というところ。
同病院のサイトはこれ。
↓↓
http://www.lohguanlye.com/

もらったパンフレットはこのようなもの。
lohguanlye12053101.JPG

Webサイトは英語しか無いようだけど、この病院には日本語を話せる通訳が少なくても2名居るので、日本語での診察が可能という。

病院は写真撮影禁止と書いてあったので、写真が無いですが、新館の建物は最近建築されたのか、とてもキレイでどこもかしこもピカピカ。
ロビーで待つ患者の姿は日本の病院と比べると3分の1ほどにしか見えない。
広い受付カウンター、清算カウンター、その横に薬局のカウンターがあり、総合案内カウンターも別にある。
奥に旧館も見えたが、由緒ある白亜のホテルのようで、日本のどこかの病院の旧館の建物のように暗い雰囲気は全然ない。

応対してくれた日本語通訳の人はマレーシア人の小柄な女性。
日本語の流暢さはさほど高くないように思えた。
おそらく短期間日本に居たか、マレーシア国内で日本語のトレーニングを受けたという感じかもしれない。病院内を案内する説明は流暢な日本語だったが、こちらから質問すると、完璧な日本語になりきれず、多少の英単語でカバーすることもあった。

そもそもマレーシアで話される英語は、どうも私には聞き取り難く、簡単な単語の発音でも分からなかったり、分かってくれなかったりすることがあったから、正確に医者に伝えたい病状は、彼女のような通訳が居ると居ないとでは大違いだろうと思う。
しかし「頭が重く痛い」「頭が割れるように痛い」「頭がズキズキする」などの感じの違いを彼女は正確に医師に伝えられるか?今回それは分からなかった。

病室はシンプルな内装だったが、ピカピカだった。
ベッドの他に一人に一台32型の壁かけテレビが常備され、介護する家族用の補助ベッドも寝心地は良さそうだった。
一人部屋の病室には部屋内にシャワーブースとトイレもある。
装備自体は日本の最新病院の病室と同等だが、病室の広さは格段にここ ローガンライ病院の方が広い。
おそらく日本では4名から6名入れられる病室に2人という感じだ。
なぜこんなに病院の建物や装備が良いか?
その理由は「医療費が高いから」なのだろうと思う。
しかし高いと言っても、日本の病院より安い。ここがマレーシアステイの一つの利点となっているらしい。

ここからは私の推測も入るけど、おそらくこんな実態なのでははかろうか?
ペナンだけでなくクアラルンプールの病院説明を聞いても同様だったが、マレーシアの病院にかかる費用は日本のそれと比べると安い。
でも一般の物価が日本の4分の1程度であるのに対して、マレーシアの病院は日本より“少し”安い。少しだけだ。
だからマレーシアの物価水準から見ると、私立病院の費用はかなり高いことになる。
そのために質の良い医療が提供できているのではなかろうか。

幸い今の日本は超円高だから、日本人から見るとそれでも安く見えてしまう。
こういうのが日本の今の“円高恩恵”であり、未来もずっと「マレーシアの医療は日本より安い」伝説は通用しなくなる日がそのうち来るのではないかと思う。
だからマレーシアの医療を利用するのは今のうちだ!

ちなみにマレーシアでは病気やケガで日本の119番に相当する999番に電話すると、公設救急車が来るけど州立病院に運ばれるらしい。この州立病院は行ったこと無いけど、混んでいると言うし、日本語スタッフは居ないらしい。
ローガンライ病院の通訳の人に「ではここの病院に運んでもらうのはどうしたらいいの?」と聞いてみたら「私の携帯に電話してください」ということだった。
もらった資料には彼女の携帯電話の番号がちゃんと書いてある。

電話すると私設救急車が向えに来るらしい。

はたしてショートステイやミドルステイでこの病院のお世話になることがあるかどうか分からないけど、病気やケガなんか忘れた時にやって来るから、今回の H.I.S.のロングステイ下見ツアーでここを紹介されておいて良かったと思う。

ローガンライ病院の場所

大きな地図で見る

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 15:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ペナンに行ってみました | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

ペナン市内のバスについて

マレーシアのクアラルンプール(KL)も、ペナンにも同じ車体カラーリングの路線バスが走っている。
もっと良く見ると、KLの車体には「Rapid KL(ラピッド KL」、ペナン市内を走っているバスには「Rapid Penang(ラピッド ペナン)」と書いてある。

KLではどのバスがどこを通って走っているのか結局分からなくて、乗らなかったが、ペナンのバス路線は比較的分かりやすい。
ペナンの方が街がコンパクトで路線がシンプルなのが第一の理由なのですが、その他に、バスターミナルが分かり易いところにあるのも、ペナンに来たばかりの旅行者にとって助かる。

乗りたいバスをみつけるには・・・
まず、Rapid Penang(ラピッド ペナン)のサイトで路線図を見て系統番号を調べる。
このサイトからそれが分かるでしょう。
↓↓
http://www.rapidpg.com.my/

運行系統を見るなら、その中のこのページにあります。
↓↓
http://www.rapidpg.com.my/journey-planner/route-maps/
実際の走行ルートはこんなにシンプルでなく、往路と復路で通る道が違ったりするから、ちょっと気をつけて辺りの風景を見て降りた方が良さそう。

バスに乗るときには、運転手に行き先を言ってチケットを買うのだけど、降りる停留所の名前を正確に言わなくても良いみたいだ。
「コムタの近くまで」とか、大体の場所を伝えてチケットを買うことができた。
ペナンのバスも運賃は距離によって変るのだけど、日本みたいにすごく細かく運賃が変るわけではない。5種類しか運賃が無いみたいだから、私が乗ったときにも運転手の方から「どこ行くの?街までか?」なんてアバウトな聞き方してきた。

下の写真に写っている、コムタと呼ばれているジョージタウンにある円筒形の高いビルの下にバスターミナルがあって、かなり多くのバスがここを通る。
コムタの場所はここです。

大きな地図で見る
ジョージタウンで道に迷ったら、この高いビルを目指して歩き、そこの下にある系統別乗り場から、自分の行きたい場所、帰りたいホテルに行くバスに乗ればいい。
ほんとにこのコムタというビルはランドマークタワーとして、初めてペナンを歩く人には助かる建物だ。
bus12053001.JPG

あいにくバスは1台も写っていないけど、ここがコムタ下のバスターミナル。
bus12053004.JPG

バス代は30分以上乗っていても一人2リンギット。もっと近い距離なら1リンギット。
いずれにしても乗ってから降りたい地名やホテルの名前やショッピングモールの名前を言うと「○○リンギット」と運転手が言ってくれるから、その料金を出すとチケットをくれる。
bus12053002.JPG

車内は日中だったけど、あまり混んではいなかった。
席は日本のバスと違ってクッションなし。硬いプラスチックのベンチみたい。それでもお尻が痛くなることは無かったが。
bus12053003.JPG

ジョージタウンにはもう一ヶ所“全てのペナン路線バスの源”みたいな広いバスターミナルがある。
「Jetty(ジェティー)」という名のフェリー発着桟橋にあるターミナルがそこで、下の写真にあるような雰囲気。
bus12053005.JPG

ジェティーに到着したバスはこんな場所に停まり、
bus12053006.JPG

こんな場所から出発して行く。
bus12053007.JPG

市内を走るバスにはこのジェティーが終着の系統がいくつもあって、行き先が「Jetty」になっているバスがやたら目に入る。
この行き先を頼りに乗っても果たして目的地に行くバスかどうかは分からないので、行き先ではなく系統の番号を頼りにした方がいいようだ。
私どもは現地人ガイドが教えてくれた101系統か102系統でジョージタウンとホテルのあるタンジュンブンガの間を何回か往復した。

市内を走る路線バスだから、市内道路は割りと大人しく走っていましたが、郊外に出ると速い速い!普通の道路を隣の乗用車を抜き去り、かなりスピードを上げて疾走する。
かなり爽快だと思う。

道端の停留所は、標識だけのところも、屋根があるいかにもバスストップだと分かるところもある。
ただし観察していると、人がそこに居れば必ず停まってくれるとは限らないみたいなので、バスを停めて乗りたかったら、手を振って停める方が良さそうだ。

ラピッドペナンは島の南にある国際空港のまん前まで行っている。
これが空港前のバス停の写真。
ここから島の北の端まで1時間以上は乗っていなければならないけど、3リンギットで行けるのはいいみたい。(ただし近々4リンギットに値上げするようだが)今回はこの路線には乗らなかったけど、次回ペナンに来るときにはこれに乗ってみよう。
bus12053008.JPG

バスのサイトを見ると荷物の制限について記述が見られなかったけど、デカイスーツケースを載せてもいいんだろうか?
でもダメだったら空港まで走っていないよね!?

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 00:46| Comment(3) | TrackBack(0) | ペナンに行ってみました | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

マレーシア ペナンでの 円→リンギット 両替について

昨年末にクアラルンプール(KL)に行き、関西空港内の両替カウンターでの円→リンギット 両替が良くないことは体験済みだったのだが、前回に殆どリンギットを余らせていなかったので、ペナンに着いた初日用に1万円だけ関西空港で両替した。

この日5月21日は円の独歩高によってリンギット/円のレートは、ほぼ前後数日の中では最高をつけていました。パソコンで為替チャートを見ると1000円がほぼ40リンギット程度。
でも関西空港内の両替レートは写真のとおり、1000円が30リンギットにも届かない水準。
exch12052901.JPG

1万円を両替しましたが、結局もっと少ない円のみ両替でよかった。。
当日にペナンで必用だったリンギットは25リンギットだけ。つまり600円ちょっと。ホテル近くのコンビニで夜食を買っただけでした。

翌日、H.I.S.の現地人ガイドの人に教えてもらった「ペナンでの両替は多分ここが一番良かろう」という両替商がここにあります。
場所は歴史都市ジョージタウンの中にある「リトルインディア」つまりインド人街の通り沿い。

大きな地図で見る

上の地図で見える場所には両替商がたくさん集まった“両替激戦区”があります。
その場所の景観はこんな具合。
exch12052902.JPG

その中のこの店を現地人ガイドに紹介されました。
exch12052903.JPG

exch12052904.JPG

交換レートはとても良い、と言えたでしょう。
「1000円がほぼ40リンギット」これがこの日の掛値なしの為替レートでしたが、実際にマレーシア リンギットを買ったレートは下のレシートに見えるように0.381、つまり1000円が38.1リンギットに両替してくれた。
exch12052905.JPG

このレートは関西空港のそれに比べて実に1000円あたり8リンギット(200円)以上も良い。
前日に1万円も関西空港で両替したから2000円の損を出してしまいました。
日本の空港でリンギットに両替するのは、1000円程度にしておけば良かった。

マレーシアには今後も来ようと思っているので、この日は次回のための両替を含めて7万円を両替しました。現地人ガイドは「エッ!!ソンナニ両替シマスカ!」と言っていましたが、今が日本円が歴史的にも高い水準だと考えると、この先の分も両替しておいた方が得かと思って・・・
実際に今回のペナン旅行で使ったのは、この両替したお金の内2万5千円くらい。私ども夫婦がケチなのか現地のプライスがどれも安いのか、おそらく両方なのでしょう。

ペナンの両替商はこのリトルインディアの付近以外にも当然存在し、ジョージタウンのどこからでも見える円筒形の背の高いビル「コムター」周辺のビルの中に何件か見つけました。それらの店のレート表を見ると、私が両替した店よりも悪いところが多かったですが、中には同じくらい、あるいはもうちょっと良いんじゃないの?みたいな店もある。

しかしガイドの案内無しに初日からレートの良い店を見つけるのは至難でしょう。
そういう点で、現地人ガイドがサポートしてくれる旅行社のパッケージツアーは、少なくとも最初の一回目は利用価値が高いと思う。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 16:50| Comment(12) | TrackBack(1) | ペナンに行ってみました | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。