2011年11月30日

マレーシア KL 行きのeチケット入手

「今回旅行用のeチケットができました」とH.I.S.の担当の人から電話があったので、早速取りに行った。
店頭まで行かなくても郵送でOKなのだそうだが、ちょうどパスポートの交付日と重なり、こちらは本人が旅券センターに出頭しなくてはならないから、その帰りにH.I.S.の店に立ち寄って受け取ることにした。

「これです!」と言って、担当の人が手に持って来たのは封筒ひとつ。
中からプリンターで打ち出した紙を見せて「えー。eチケットです。ご存知ですか?」
eチケットと言うからICチップ付きのカードなのかと思ったら、ただの紙へ印刷したもの・・・
「これ自体はeチケットではなくて、その内容をプリントしたものです」
そういう説明を聞いて、初めてeチケットが何であるか分かった。

この数年は海外どころか飛行機にも乗っていなかったから、知らない間に時代が変わってしまった。
こういうところで時代に取り残されるんだ、とちょっと焦る感じもしたが、
とにかくチケットを紛失する危険が無くなったのは良いことだ。

その他は、あんまり以前と変わらすに、現地空港に到着すると、親切にH.I.S.の旗を持った人がピックアップに来ているだとか、空港には2時間前までに必ず行って、チェックインを受けてくれとか説明された。

H.I.S.の特徴なのかもしれないけど、説明が簡素で、私はこの方がいい。
ザッと説明して「後は読んでおいてください」「何か質問ありますか」
こんな感じで今回の旅行内容の説明はサササッと済んでしまった。

それで大体分かったし、聞きたかった「帰りの便のリコンファームは必要なのか?」と「関空とKLに着いてからと、どちらが両替のレートが良いのか?」については調べて教えてくれた。
リコンファームは不要で、両替はKLでの方が若干有利だとのこと。

今まで他の旅行社に旅行の世話をしてもらうことが多かったが、親切過ぎて説明が多くて、聞くのも大変だったので、私としては、知りたいところだけのピンポイント説明だけの方がありがたい。
しかし一方、簡素な方が私はいいけど、現地の事をいろいろ尋ねても「あーそれは現地のH.I.S.スタッフでないと分からないから、行ってから聞いてください」も結構多かった。
例えば、2日目のオプションツアー内容は、まだ決まっていない、とか・・・

「まあしょせん観光旅行なんだから、今から隅々まで分かっていなくても、向こうへ行ってからのお楽しみでいいや!」と思える人には、これで良いと思う。

しかし午前11時のフライトの2時間前には絶対チェックインしていなければならない、さもないと乗れないかもしれない、のは不便だなぁ。
「余裕を持って3時間前を目指して関空まで行ってくださいね」って言っていたけど、そうすると家から、まだバスが走り始めていない早朝に出発しなければならない。
キツイなぁ。
タグ:Eチケット

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

KLのマレーシア人が教えてくれた観光案内サイト

クアラルンプールは、長いから“KL”と略すのだそうだ。
だからこれからKLと書くことにしよう。

KLに行く前に、現地人の元同僚にメールを書いた。
その人はマレー系のイスラミックで、もしかしたらKLでまた会えるかな。。と思ったが「12月は長い休暇を取って実家へ帰るから会えない」と返事がきた。
ちょっと残念。。。

代わりに「このサイトが参考になるよ」と教えてくれた、そのサイトがこれ。

http://visit-to-kl.com/

ホームページの右に並んだKLの観光名所だというリンクは72箇所。
これをWeb翻訳してみると、割とマトモな日本語で結果が表示されるから、なかなか使えるサイトのようだ。英語だと、さすがに斜め読みはできない私だけど、この日本語なら行ってみたいところが効率的に検出できそうだ。

しかし、現地へ行ってみないと、行きたいところのイメージが湧いてこない。
だからパソコンも持っていくことにしよう。スマホ持ってりゃいいんだが、まだ持っていないのが痛い!

本当は、ネットで集める現地情報じゃなくて、マレーシア在住の現地人から「穴場」教えて欲しかったのだが。
街の場末の古いカフェとか、知る人ぞ知るKLのパワースポットとか、ツウも唸るような下町の激ウマレストランなんかの存在を教えてもらおうと画策したのだが、「ワタシはあまり観光しないから詳しく説明できないから、代わりにコレ(上のサイト)を見てね」と、つれない返事。

こちらの思うとおりにはいかないみたいだ。

上のサイトにくっついているKL市内のスライドショーのYouTube動画、
コレなんだが。。。
これだけでは、よく分からないなぁ。



SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

パスポート申請は、夫婦だったら戸籍謄本は1通でOK

H.I.S.でマレーシアツアーの契約をする前に、パスポートを申請した。
できれば旅行契約をしてから、パスポートの申請をした方が良さそうだ。ウチの場合は逆の順序で進め、結果はうまく切りぬけたけど、空席が残り僅かだと言われ、ヘタをするとパスポートを取得したはいいけど、旅行に行けないハメに陥ったかもしれなかった。

「パスポートの取得には1週間かかる」とネットにあったから、そればかり気になって、早くパスポートを!と焦っていたのがマズかった。
結果オーライだったが、先に旅行相談に行き、パスポート取得中として契約を済ませ、その後に帰り道で旅券センターに行けば良かったのだ。

私のパスポートは有効期限切れ、妻は生まれて初めてパスポートを取得するため、戸籍謄本または抄本が1通必要、と外務省の国内及び国外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書類のサイトには書いてある。

ウチは夫婦だから戸籍抄本が2通必要かと思って市役所へ取りに行ったら、「同一戸籍の人が同時に申請するなら、戸籍謄本1通でOKよ!」と教えてくれた。
なんて親切な市役所の人!おかげで450円節約できた。

市役所には旅券発給申請書用紙もストックがあり、2通もらってきた。
必要事項を記入し、写真を撮る段になった。
写真は旅券センター横でも撮ってくれるが、1200円もするので、近くのスーパーにある400円の証明写真撮影マシーンにお願いした。

そのマシーンで写した写真。私の写真は問題なかったが、妻の写真は旅券センターのお姉さまいわく「これは顔が小さすぎてダメですねぇ」だと・・・。
写真の顔の縦が32ミリから36ミリに入っていないと“規格外”になって受け付けてもらえない。
「何とかお願いしますよ!」と懇願するも“却下”の姿勢を崩さない旅券センターのお姉さま。

しかたなく、またスーパーまで戻って妻の写真を撮りなおすことに・・・。
こういうとき、不機嫌が顔に出るのがワルいクセ。
「あたしはちゃんとやったんだからね!そんなに不機嫌にならなくてもいいでしょ!もうマレーシア行かないよ!」と妻に言われる私。
「まあ、いいから、いいから、別に不機嫌じゃないから・・・」と取り繕う私。でも不機嫌なのは事実だった。

それにしても10年旅券を2人で取ったら32000円。
これだけでも高いなぁ。
私はもはやサラリーマンを辞めてしまったけど、これなら辞める前に会社のお金で取得させてもらえば良かった。。

SponsoredLink

posted by Oniwa Natsuo at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。